trend_20161210183050.jpg

写真拡大

2歳牝馬の女王を決める第68回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI、阪神・芝1600メートル)に、2014年生まれの若駒18頭が出そろった。2017年の桜花賞、オークスといった牝馬のクラシック路線を見据えた戦いでもある。

超良血ソウルスターリングは3紙が◎

その中で、主力を形成するのは、2戦2勝。父は海外のGIレース10勝のフランケル、母も海外GI6勝のスタセリタという超良血馬のソウルスターリング。スポーツニッポン、スポーツ報知、デイリースポーツの3紙が本命◎に推した。スポニチは、「キャリアの浅い2歳のGIでは、前走の『格』を過大評価しない方がいい」とし、「(出走した)レースレベルとパフォーマンスの中身を冷静に見極める必要がある」と指摘。ソウルスターリングの2戦をみて、「底知れぬスケールを感じさせる勝ち方だった」と、買う。

報知は「前走では高速馬場での瞬発力にも難なく対応した」と、またデイリーも「派手さはないものの、一瞬の切れだけで勝負をつける決め脚に大物感がある」と、その勝ちっぷりを評価する。

日刊スポーツとサンケイスポーツの本命◎は、リスグラシュー。2走前の未勝利戦は「馬なりで抜け出して2歳レコードV」を記録。前走のアルテミスステークス(GIII、東京・芝1600メートル)を快勝と、「違った競馬(レース展開)で結果を出している点は頼もしい」と、ニッカンはいう。

「無敗馬も含めて良質なメンバーがそろったが、リスグラシューに魅力を感じる」というのが、サンスポ。「(前走は関東への輸送があっても快勝)輸送による馬体減の心配もない。良馬場で能力を発揮できれば勝ち負けだ」と、期待する。

レーヌミノルも高い評価

デイリー杯2歳ステークス(GII、京都・芝1600メートル)を勝ってデビュー3連勝を飾ったジューヌエコールや、新潟2歳ステークス(GIII、新潟・芝1600メートル)を勝ったヴゼットジョリーを退けて、重い印がついたのが、小倉2歳ステークス(GIII、小倉・芝1200メートル)の勝ち馬、レーヌミノル。スポニチとデイリーが単穴▲の3番手、報知は★に評価した。

サンスポとデイリーが対抗○に推したのは、ディーパワンサ。デイリーは「好枠を引き当てた」とみた。報知は▲、ニッカンは☆、スポニチも△と印が並んだ。

もちろん、重賞ウイナーは無視できない。ジューヌエコールには、5紙が△に評価。ヴゼットジョリーには、スポニチが☆印を、ニッカンとサンスポが△を打った。

あとは、5戦のキャリアをもつクインズサリナ、前走500万下特別を勝ったアリンナらに印が回った。