セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社 社長室長の佐藤誠氏


2017年3月に予約販売の開始を控えている全自動衣類折りたたみ機「laundroid(以下、ランドロイド)」。CEATEC JAPAN 2015で発表され、世界中から注目を集めている。そんなランドロイドを手掛けるセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社のrobotics事業部で開発に携わっている五島暢之氏(以下、五島氏)と、社長室長の佐藤誠氏(以下、佐藤氏)に話を伺った。

IoTで折りたたみデータ収集。2Lから3Lまで対応可能に

2017年3月に製品版第1弾「laundroid 1(ランドロイドワン)」の発売を控えた今、「開発状況はどのようなところまで来ているのか?」という質問に対して答えてくれた開発担当の五島氏。

robotics事業部 五島暢之氏


「現在はIoTを駆使して世界中から折りたたみデータを集め、AIによって学習させています。2Lから3Lくらいの大きいものを折りたたむところまで出来るようになっていますが、赤ちゃん用の服や幼児服など非常に小さい衣類をたたむ際には課題も残っています。今後も学習データを集め、より精度の高い“たたみ”を実現していきます」(五島氏)。

2017年3月に発売されるlaundroid 1を皮切りに、2018年には介護福祉施設、病院向けモデルを発売。2019年には、洗濯乾燥機と折りたたみ機を一体化したオールインワンモデルを、2020年にはホームビルドインタイプも発売予定となっている。

コミュニケーションが最大の鍵。課題をチャンスに変える発想も大事

開発する際に苦労していることを尋ねると、チームごとのコミュニケーションを円滑に行うことだという。

「開発を行う技術者はコミュニケーションをとるのが苦手です。仕事にプライベートを持ち込んでしまい、好きな人か嫌いな人かによって話をするかしないか決めることもあるのです。各チームにまとめ役をつけていますが、現場からまとめ役まで話が上がってこないこともあります。『本当はこうなっているけど、なんでこうなっているのだ?』と自分で現場まで直接聞きに行くこともしばしばありました。それはそれで面白いと感じることもあって、直接話を聞きに行くことから新しいものが生まれることもあるのです」(五島氏)。

自ら現場にヒアリングを行い解決しているという五島氏は、課題もチャンスと捉え、面白みの一つと感じているようだ。

目的ありきで情報収集。ランドロイド流“技術習得方法”と“チーム編成”

技術の革新が速い現代で情報収集をどのように行っているか気になるところだが、五島氏は意外にも常に最新のテクノロジーを追っているわけではないという。

「目的ありきで、必要があれば情報を集めることにしています。実際、AI技術や画像認識技術、IoTインフラに関しても今回の開発で始めて触れました。まだ習得と言える段階ではなく、どんなものかやっとわかってきたところです」(五島氏)。

目的ありきなところはチーム編成を行うときも一緒だったようだ。やりたいことに対して、できる人をアサインしていく。

「ランドロイドというネーミングも社内だけで決まったわけではありません。立ち上げた当初はブランディングに関しても全くの無知だったので、知っている人にお願いしようということになりました。縁あって株式会社ライゾマティクスさんに依頼をして、ディスカッションをしていく中で、ランドリーとアンドロイドを掛け合わせてうまれた名前です」(佐藤氏)。

「社長は気が触れたか?」と言われるも初志貫徹で10年越しの製品発表

構想からCEATEC JAPAN 2015発表までの道のりを伺うとこう切り出した。

「2015年にCEATECで発表した際の阪根(※)のドヤ顔は忘れられません」(佐藤氏)。
※セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社 代表取締役社長 阪根信一氏(以下、阪根氏)

開発が始まったのは2005年、社内のかなりクローズドな環境でチーム編成が開始された。当初は「とうとう社長は気が触れたか」というような話題が社内で出たようだ。そんな状況から発表までこぎつけたのは、社長の強い意志によるものだといえる。

「発表となった2015年までちょうど10年かかったプロジェクト。途中リーマンショックを挟み、社内でもプロジェクトをやめたほうが良いのではという反対派もいました。それでも続けたのは社長が製品を完成させるまで絶対にやめないと言ったからです」(佐藤氏)。

必ず成し遂げるという阪根氏の強い意志に、社内も動かされていったのだ。

パイオニアとしてのプライド。後発組に対する対策は?

パイオニアとしての宿命ともいうべき後発の家電メーカーへの対策を聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

「阪根の言い方をそのまま借りるのであれば『やれるものならやってみろ』ですね。市場が確立されれば後発のメーカーが出されてくるでしょうし、ランドロイドで実現できなかったことを価格面や技術面で付加価値としてつけてくると思います。後発が出てくるのは仕方ないこと。後発が出てくることで、より市場が確立されるので、今後はどれだけ先駆的なことができるかが鍵になってくると思います」(佐藤氏)。

「現段階で詳しくは話せませんが、セブン・ドリーマーズは“人の持っている課題を解決していく”という理念のようなものがあるので、ランドロイドを通じてユーザの生活自体が大きく変わるようなところを目指していきます」(五島氏)。

IoTによって国内だけではなく世界中のデータを収集することで精度の上がってきたランドロイド。専用アプリを使えば、離れた場所からでも操作や設定ができる。画像認識技術やAIなどのテクノロジーが組み合わさることで成長し、進化する全自動衣類折りたたみ機の発売が楽しみだ。

筆者:Masahiro Nishikawa