主演する門脇麦

写真拡大

 実力派女優の門脇麦が、人気脚本家・尾崎将也がメガホンをとるオリジナル映画「世界は今日から君のもの」に主演していることがわかった。高校時代から引きこもりになったオタク女子役を演じ、三浦貴大、比留川游、マキタスポーツ、YOUらと共演する。

 小沼真実(門脇)は、引きこもり続ける5年間、好きな漫画・イラストの模写など、ひたすら現実逃避をして過ごしてきた。心配性の父・英輔(マキタスポーツ)は、娘のために人と接する必要のない仕事を見つけてくる。あるゲーム会社でバグ出しする仕事を始めた真実だったが、社員の矢部遼太郎(三浦)が担当するゲームのイラストに手を加えたことで、絵を描く特技が認められる。結果、キャラクターのイラストを依頼され、遼太郎へのほのかな恋心を抱きながら、奮闘し始める。

 人と接することが苦手な主人公が社会に向き合うなかで、“自分らしい一歩”を踏み出す姿を描く。「梅ちゃん先生」「結婚できない男」などヒットドラマの脚本を手がけた尾崎監督が、社会的な問題を背景に置きながら、若者が親しみやすい要素を盛り込み、独特の笑って泣ける青春物語に仕上げた。

 門脇の演技力に惚れ込み、オリジナルのストーリーを書き下ろしたという尾崎監督は、「門脇麦さんとは2年前にテレビドラマ(『ブラック・プレジデント』)で仕事をして、それ以来、彼女の主演で映画を撮りたいと思うようになりました。それが実現したのが今作です」と説明。見どころを「何と言っても門脇さんが演じるヒロイン・小沼真実のキャラ」と話し、「引きこもりだった女の子が、少しずつ外の世界と人々に触れて、最後に自分の生き方を見つけるまでを描く、笑えて、ちょっと泣ける青春コメディです」とアピールしている。

 映画「愛の渦」「太陽」「二重生活」「14の夜」などの門脇は、「ドラマでの出会いがこうして今作へ繋がったことがまず何より嬉しいですし、尾崎さんとの出会いに感謝しています」と語る。「尾崎さんが描く役を演じていると、いつもその子を抱きしめてあげたくなるような、守ってあげたくなるような気持ちになります」といい、「真実ちゃんにもそんな気持ちを抱きながら、尾崎さんの物語の中の真実ちゃんが、そのまま画面に映っていますようにと、願いながら向き合いました」と込めた思いを明かした。

 「世界は今日から君のもの」は、2017年に全国で公開。