お台場の実物大ガンダム立像
「RG1/1 RX-78-2ガンダム Ver.GFT」 (C)創通・サンライズ

写真拡大

 東京・お台場の商業施設、ダイバーシティ東京のランドマークとなっている実物大ガンダム立像「RG1/1 RX-78-2ガンダム Ver.GFT」の展示が、2017年3月5日をもって終了となることがわかった。これにともない、実物大ガンダム立像の新プロジェクトがスタートするという。

 展示終了にあわせて、ダイバーシティ東京内のオフィシャルショップ「ガンダムフロント東京」も17年4月5日までの営業となり、閉店までの期間には「ガンダム立像・ガンダムフロント東京〜LAST SHOOTINGキャンペーン〜」が展開される。なお、新プロジェクトとキャンペーンの詳細は後日発表予定。

 「実物大ガンダム立像」は、09年夏に東京・臨海副都心エリアの潮風公園「GREEN TOKYOガンダムプロジェクト」で初展示が行われた。その後仕様変更が行われ、「模型の世界首都 静岡ホビーフェア」ではビーム・サーベルを装備した「RG1/1 RX-78-2 ガンダム」として、12年春からはダイバーシティ東京で「RG1/1 RX-78-2ガンダム Ver.GFT」として展示されている。