結婚したら嫁が豹変!? 男性が「こんな結婚は最悪だ!」と思った夫婦・12選

写真拡大

男性にとっても結婚は憧れや夢が詰まった生活のはず。ただ身近な人に話を聞いてみると、結婚のいいウワサを聞かないこともしばしば……。そこで「こんな結婚はしたくない!」と思った、身近な人の結婚エピソードを社会人男性に教えてもらいました。

■お小遣い制が厳しすぎる

・「お小遣いが少なかったり、奥さんの尻に敷かれていたりする男性を見ると、結婚についてネガティブな気分になる」(29歳/警備・メンテナンス/営業職)

・「お金をすべて握られ、小遣い制ではなく買いたいものを申請してお金をもらう。さらにレシートの提出が必要」(33歳/情報・IT/技術職)

「お小遣い制」の厳しい現実を知ると、結婚したくなくなる男性は多そう!? お金が制限されるだけでなく、奥さんからお金の使途を調査されることも。

■お互いにイライラしてばかり

・「お互いを尊重せず、我慢しながら、結婚生活を送ること。自分の両親がそうだったから。毎度、喧嘩ばかりしていて、結局、離婚しない姿をずっと見続けてきたから」(32歳/情報・IT/技術職)

・「まったくのすれ違いの生活。お互いに常時イライラしているような生活」(27歳/医薬品・化粧品/営業職)

結婚できるほど愛し合ったはずなのに、夫婦になるとケンカが絶えなくなる人たちも。「仲がいいのか悪いのかわからない夫婦」、確かによく見かけますよね。

■家庭内別居状態で暮らしている

・「すれ違いの毎日。やっぱり、結婚するんだから、すれ違う生活をしてしまっては意味がないので」(31歳/情報・IT/技術職)

・「家庭内別居状態で、何年も暮らしているような状態」(32歳/不動産/営業職)

結婚した意味がよくわからなく見えるのが、家庭内別居状態の夫婦かもしれませんね。そうでもしないと一緒にいられないなんて、夫婦になった意味が!?

■奥さんの尻に敷かれっぱなし

・「奥さんのやたらパシリになるような結婚生活」(31歳/医療・福祉/その他)

・「奥さんが自己中で、旦那をタクシー代わりに使っているのを見て、こんなのは嫌だと思った」(32歳/機械・精密機器/技術職)

奥さんが夫を尻に敷く位の方が家庭はうまくいく、なんて言いますが、敷かれる男性から言わせるとたまったものじゃない? 安らげる場所は必要ですよね。

■探り合い、縛り合いの生活は嫌だ

・「束縛されてしまい自由がない。友人との飲みでも疑われる」(28歳/情報・IT/技術職)

・「信用してもらえない、お互い探り合い、縛りあい、ご飯がないなどなど」(27歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

同じ家族なのに信用してもらえず、恋人期間中のように疑い合い、束縛し合う夫婦も……。さすがにこれは結婚したら、卒業させてほしい!

■結婚後に奥さんが鬼嫁に変身

・「結婚後に、人が変わったように鬼嫁になる」(32歳/その他/その他)

・「奥さんが怖い。給料の低さを怒られ、小遣いは少ない。つらいですね」(28歳/その他/事務系専門職)

結婚してから人が変わられると、男性も「こんなはずじゃ……」なんて思うのかもしれませんね。結婚後の暮らしは、美女を鬼嫁に変えるほど大変です。

結婚には憧れるけれど、上記のようなエピソードを既婚者から聞かされると「正直、憂うつ……」なんて思う男性も多そう!? 結婚生活は楽しくて幸せだけれど、それと同じ分量だけつらさや悲しさもある……ということなのかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年9月にWebアンケート。有効回答数203件。25歳〜34歳の社会人男性)