もうっ、気づいてよ! 本命男性だけに送る「デート後のLINE」6つ

写真拡大

まだ付き合ってはいない本命の彼、そんな人とデートに行けたら、とってもうれしいですよね。そして、そんな人の彼女になるためには、デートが終わってからも恋の駆け引きが必要になることも。そこで今回は、デートの後、本命の彼にどんなLINEを送るのか、社会人女性たちに恋のテクニックを教えてもらいました。

■ハートマークは必須!!

・「ハートマークを使うのは本命だけにする」(33歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「ハートを入れたLINEスタンプ」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

男性たちがメールやLINEの文面に入っていると「気があるのかな?」と期待するというハートマーク。その男心がわかっているからこそ、ハートマークは必須になるわけです。

■楽しかった!!

・「楽しかったことをきちんと伝えてお礼する。本命じゃなかったら何も送らないので」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「『楽しかった』という感想と、『また誘ってほしい』というお願い」(30歳/学校・教育関連/専門職)

一緒にいた時間が楽しかった、と純粋な感想を送ることも大事ですね。もしかしたら、男性のほうは、「今日は楽しんでもらえたかな……」と不安に思っているかもしれません。

■感謝の言葉

・「『1日一緒にいてくれてありがとう』とお礼の言葉」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「感謝の気持ち。しっかり伝えたいと思ってしまう」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

相手から誘われたデートであっても、感謝の気持ちは必ず伝えるべきでしょうね。「ありがとう」と一言ちゃんと伝えられる女性は、男性たちの間で好感度が高いのだとか。

■また行きたいな

・「『また行こうね』をつける。気のない人には書かない」(24歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「『すごく楽しかった。またどこか行きたい』と次につながるようなメッセージを送る」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

次を期待する言葉も添えるのを忘れたくありません。引っ込み思案な男性だと、次のデートに誘いたくても、自分からその一言が出てこない可能性がありますからね。また「2回目もあっていいんだ!」と男性を喜ばせる言葉でもあります。

■具体的な予定

・「『次はいつ会えますか?』と具体的に聞くと思う」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「また行きたいな」だけではなんとなく弱い気がする!というのであれば、もう積極的に次の予定をその日のうちに詰めるのも手。相手も乗り気なら、すんなりと決まるはず。

■次のデートの提案

・「『次回は○○しよう』と具体的な話をする」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「『また行きましょう。次は〇〇に行こう』と誘う」(29歳/医療・福祉/専門職)

この言葉を伝えるためには、できるだけデートの最中にその目的の場所の話題を出しておくのがベスト。おすすめの居酒屋さん、話題のデートスポットなどの話を振った上で、別れてからその話題をもう一度出せば、スムーズに次の約束ができるはずです。

■まとめ

遠回しな表現でアプローチをするのももちろん、恋の駆け引きには使える手段ですが、彼の心がだいぶ自分に傾いている、という自信があるのであれば、「『好き』とか『会いたい』という内容は好きな人だけ」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)、「またデートしてほしいことを伝えて、好きな気持ちを表すスタンプも使う」(29歳/ソフトウェア/技術職)など、好きな気持ちをダイレクトに、かつ軽めに伝えるのも有効。「え、冗談なの? 本気なの??」と男性を手玉に取り、心をグッとつかみましょうね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月17日〜11月25日