映画『劇場版 ソードアート・オンライン』川原礫による完全新作ストーリー

写真拡大

アニメーション映画『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』が、2017年2月18日(土)に新宿バルト9ほか全国の劇場で公開される。

アニメ『ソードアート・オンライン』シリーズは、第15回電撃小説大賞<大賞>を受賞した川原 礫による小説を原作とした作品で、架空の次世代オンラインゲーム《ソードアート・オンライン》を舞台に繰り広げられる主人公・キリトの活躍を描く物語。

2009年4月の原作小説第1巻発売以来高い人気を誇り、日本国内での累計発行部数は1,150万部を突破(全世界1,670万部)しているほか、2度のTV アニメ化やゲーム化、コミカライズ、グッズ製作など、幅広いメディアミックス展開が行われている人気作品だ。

本作でキーとなるのは、これまでの作品で登場した端末「ナーヴギア」や「アミュスフィア」最大の特徴であるフルダイブ機能の代わりに、AR(現実拡張)機能を最大限に広げたAR型情報端末「オーグマー」。この最新端末専用のARMMO RPG「オーディナル・スケール」を物語の舞台に、川原 礫完全書き下ろしによるオリジナルストーリーが展開される。

【ストーリー】
2022年、天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫。その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。それから4年......。≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。≪オーグマー≫。フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(現実拡張)機能を最大限に広げた最先端マシン。≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。そのキラーコンテンツは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。アスナたちもプレイするそのゲームに、キリトも参戦しようとするが......。

【作品情報】
『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』
公開時期:2017年2月18日 全国ロードショー
原作:川原礫(「電撃文庫」刊)
監督:伊藤智彦
原案:abec
キャラクターデザイン:足立慎吾
音楽:梶浦由記
制作:A-1 Pictures
配給:アニプレックス
©2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project
<キャスト>
キリト(桐ヶ谷和人)=松岡禎丞、アスナ(結城明日奈)=戸松遥、ユイ=伊藤かな恵、リーファ(桐ヶ谷直葉)=竹達彩奈、シリカ(綾野珪子)=日高里菜、リズベット(篠崎里香)=高垣彩陽、シノン(朝田詩乃)=沢城みゆき、クライン(壷井遼太郎)=平田広明、エギル(アンドリュー・ギルバート・ミルズ)=安元洋貴、茅場晶彦=山寺宏一


[写真付きで読む]映画『劇場版 ソードアート・オンライン』川原礫による完全新作ストーリー

外部サイト

  • 【映画】2017年 洋画を一挙紹介 - 話題作や実力作、人気ディズニー作品の実写版など
  • 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』岩井俊二原作・大根仁脚本、声優に広瀬すず×菅田将暉
  • 映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』シリーズ最終章、ミラ・ジョヴォヴィッチ続投、ローラ出演