TWICEからパク・ボゴムまで…納得の「2016年を輝かせたスター」発表

写真拡大

パク・ボゴムが今年を輝かせた最高のスター1位に選ばれた。

最近韓国で放送されたtvN「名簿公開 2016」では、パク・ボゴムからチョン・ジヒョンまで「2016年を輝かせたスターたち」の名簿が公開された。

この日、待望の1位はパク・ボゴムに輝いた。「応答せよ1988」をはじめに「雲が描いた月明り」で上半期と下半期両方でヒット作を出したパク・ボゴムは、“ボゴムマジック”というニックネームまで得た。また、彼が今年受賞した賞が9つ、撮影したCMが14本以上ということで、さらに驚きを与えた。

2位は同僚芸能人たちも認めた売れっ子スターヤン・セヒョンだ。今年4月、MBC「無限に挑戦」にゲストとして出演して大きな反響を得たことを皮切りに、半レギュラーメンバーとして活躍しているヤン・セヒョンは、レギュラー番組だけで8つ以上に出演しているという。また、自動車、食品、クレジットカードなど多くの広告業界からラブコールを受け、目が回るほど忙しい1年を過ごした。

3位はガールズグループTwiceだ。パク・ジニョンがJYPエンターテインメントの3大ガールズグループとして選んだTwiceは「OOH-AHHに(優雅に)」の逆走を皮切りに「CHEER UP」と「TT」で3連続ヒットを記録した。また、ガールズグループ最高のアルバム売上を記録し、“記録製造機”と呼ばれているだけに、莫大な音楽配信収益と広告収益を上げている。

4位はラ・ミランだ。ラ・ミランは今年「応答せよ1988」を皮切りに、映画「ラスト・プリンセス」、ドラマ「月桂樹洋服店の紳士たち」、そしてバラエティ番組の「お姉さんたちのスラムダンク」を通じて長い無名時代を経て売れっ子女優になった。特に1年で数百万ウォン(約数十万円) で生計を立てていた過去とは違って、現在は5本の広告収入と100倍に上昇したギャラで、名実ともにトップスターとなった。

5位は神話(SHINHWA) のエリックだ。「また!?オ・ヘヨン〜僕が愛した未来(ジカン)〜」でソ・ヒョンジンと共にもう1度ラブコメディキングとしての一面を見せつけたエリックは、現在「三食ごはん」に出演して“エシェフ”として愛されている。また、神話としては冬のアルバムと単独コンサートを開いて、忙しい日々を送っている。このようにドラマとバラエティ、音楽まで多方面で活躍しているエリックも売れっ子スターに名を連ねた。

6位はキム・スクとなった。キム・スクは「あなたと一緒に2−最高の愛」「お姉さんたちのスラムダンク」を通じてバラエティ番組で大活躍を見せ、第2の全盛期を迎えている。今年彼女が出演しているレギュラー番組だけで10本以上あり、ソン・ウニとラジオのDJとしても活動しており、各種のイベントにも精力的に参加しているという。また、インターネットショッピングモールのキッチン用品などの広告にも出演し、彼女が今年記録した収益も莫大なものと予想される。

7位はソ・イングクが獲得した。上半期には自作曲「君という季節」で高い成績を記録したソ・イングクは、下半期にはMBCドラマ「ショッピング王ルイ」で男性主人公としての存在感を見せつけた。音楽ダウンローどとストリーミング配信収益、そしてドラマを通じて売れっ子俳優になり、彼のギャラも上昇している。

8位はSBS「青い海の伝説」で人魚に扮して活躍している女優チョン・ジヒョンだ。彼女は様々な姿で視聴者を魅了し、ドラマを視聴率1位に引き上げ、下半期まで完璧に自身のものにしたという評価を受けた。特に、彼女は現在アウトドア、チキン、化粧品、免税店など14本の広告モデルを引き受けており、広告1本のギャラを10億ウォン(約9700万円) と想定した場合、140億ウォン(約13億6千万円) 以上の収益を上げたものと予想される。また「青い海の伝説」のギャラも、1話あたり1億ウォン以上だと知られ「星から来たあなた」を超えるものとみられる。