By Leon Terra

アメリカ・カナダでは2013年11月15日に、日本では2014年2月22日に発売された家庭用の据え置き型ゲーム機PS4こと「PlayStation 4」ですが、リリースから約3年が経過した2016年の12月についに累計販売台数が5000万台を突破しました。



PS4 Sales Pass 50 Million Units Worldwide - GameSpot

http://www.gamespot.com/articles/ps4-sales-pass-50-million-units-worldwide/1100-6446051/

2016年12月6日、ソニーがPS4の全世界売上台数が5000万台を突破したことを発表しました。そして、2016年のブラック・フライデーは、PlayStationブランドにとってこれまでで最も売上の良い週末になったことも明かしています。なお、売上の詳細な数値は公開されていません。

また、Adobeが公開した調査レポートによれば、サイバーマンデーで多く売れた商品トップ5にソニーのPS4がランクインしています。さらに、ゲームソフトの売上でいえば、2016年12月4日の時点でPlayStation公式のオンラインストアである「PlayStation Store」と小売店舗での販売で、PS4専用ソフトは3億6960万本以上も売れていることも明かされました。

PS4の堅調な売上に対してソニー・コンピュータエンタテインメントのアンドリュー・ハウスCEOは、「我々は3年前のリリース以来、PS4コミュニティーが成長し続けていることを本当に喜んでいます」「世界中にいる我々のファンとパートナー様による熱烈なサポートにより、今年、我々はスリムになったPS4とPS4 Pro、PlayStation VRといったこれまでに類を見ないような素晴らしいハードウェアのラインナップを発表できました。我々は今後も画期的なゲームラインナップやネットワークサービスのもと、ベストのゲーム体験を提供し、我々のビジネスとPS4エコシステムの拡大を加速していきます」とコメントしています。さらに、詳細は明かされていませんが、ソニーは「PlayStationブランド上でのみ可能なエンターテインメント体験を提供するべく、今後もPS4の世界を拡大していく」とコメントしており、リリースから3年が経過したPS4ブランドが今後もさらなる拡大をみせてくれることが期待できます。

なお、PS4のひとつ前のモデルとなるPS3の世界累計販売台数は8000万台。2016年9月15日からはPS4がスリムになると共に税込2万9980円から購入できる新価格に変更されており、2016年11月10日からはPS4 Proも販売されているので、PS3の販売台数にどれだけ近づけるのか、そして8000万台を超える大ヒットゲーム機となるのか、今後の動向からも目が離せません。