9日、国際在線は記事「タイ人ツアーガイドが中国人観光客」を掲載した。8日夜、タイ・パタヤの観光地バリハイ桟橋で、25歳の中国人女性観光客が、別の旅行団を率いる35歳のタイ人ツアーガイドに殴打される事件が起きた。

写真拡大

2016年12月9日、国際在線は記事「タイ人ツアーガイドが中国人観光客」を掲載した。

8日夜、タイ・パタヤの観光地バリハイ港で、25歳の中国人観光客の女性が、別の旅行団を率いる35歳のタイ人ツアーガイドに殴打される事件が起きた。女性の鼻は歪み、嘔吐(おうと)するなどの症状を示し、病院で治療を受けた。

警察に拘束されたガイドは酩酊(めいてい)しており、女性が先に殴ってきたと主張している。また警官が現場で撮影した際、親指を立てた両手をあごの下にあてておどけたポーズを取るなど、罪の認識はない様子だったという。なお、詳しいトラブルの原因はわかっていない。(翻訳・編集/増田聡太郎)