「Guest House」撮影風景

写真拡大

 人気アイドルグループ「超新星」のソンジェが単独初主演を務める韓国映画のタイトルが、「Guest House」に決定した。

 映画は、韓国・江陵にあるゲストハウスを舞台に、韓国人と日本人の国境を越えた触れ合いを描く。俳優になる夢を諦めきれない主人公ジョンウ(ソンジェ)は、オーディションを受けるためにソウルに通う日々を過ごしている。そんなある日、姉ソンウが経営しているゲストハウスにカーリング元日本代表選手のヒロコ(ちすん)がやってくる。日本語が話せないジョンウは、ヒロコと短い英語で会話をするなかで、少しずつ距離を縮めていく。

 さらに単独での映画初主演を記念して、12月3日から3日間に渡って韓国・ソウルで撮影見学ツアーとファンミーティングを開催した。訪れたファン160人を前に、ソンジェは「恥ずかしかったですが、皆さんがいてくれたので心強くもありました」と感謝を述べ、「飾らない自然体の演技を心がけたのでみなさんも気軽に見てください、楽しみにしていてください」とアピールした。

 「Guest House」は、12月上旬にクランクアップ、2017年2月に完成予定。公開は17年内を予定している。