育ちがいい女性が「絶対に」行かないところ・6つ

写真拡大

育ってきた環境によって、好きなことや趣味にも違いがあらわれることもありますよね。育ちがいい女性は、やはりその育ちが反映された遊び方をしていそうなイメージがあります。「育ちのいい女性は行かないだろう」「こういったところでは遊ばないだろう」と男性が感じる場所はどんなところでしょうか。

■クラブ

・「クラブとか、夜のイメージがあるところ」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「クラブや出会いを求める人が集まるところ」(32歳/マスコミ・広告/技術職)

大人の目から見ても、クラブなどでの夜遊びは「いけないこと」という印象が強いようです。育ちがいい人ほどいわゆる「いけないこと」からは遠ざかるようなイメージがあるんですね。中には一夜の出会いを求めている人が多く集まるクラブもありますし、治安の面でも足が向かないだろうというイメージが強いのかも。

■居酒屋やファストフード店

・「ファストフードや古い居酒屋」(30歳/金融・証券/営業職)

・「品の悪い居酒屋や繁華街などは行かない」(31歳/その他/営業職)

育ちがいい人は、その分普段から行くお店も高級感がありそうですよね。ファストフード店や安い居酒屋などはあまりそぐわないように感じられます。それよりもむしろおしゃれなカフェやバーが好きそう、という答えも。

■ゲームセンター

・「ゲームセンターや繁華街など」(35歳/その他/その他)

・「ゲームセンターやパチンコ店は行かなさそう。お金はショッピングや旅行等に使いそう」(34歳/その他/その他)

ゲームセンターや繁華街での遊びは、育ちが良く裕福な女性には確かにあまり似合いませんよね。もちろん中にはアーケードゲームが趣味という女性もいるかもしれませんが、どうしてもイメージとのギャップを感じてしまいます。そういった遊びよりも、ショッピングや旅行などを楽しんでいそうですよね。

■夜の街

・「夜の街ですかね。ホストクラブとか行かないと思う」(34歳/金融・証券/事務系専門職)

・「都心の夜の街、飲み屋がたくさんあるところ」(34歳/機械・精密機器/技術職)

育ちのいい人はホストクラブなどとは縁遠そうに思えます。単純に裕福なだけならそういった場所で楽しく遊べる人も多いのでしょうが、「育ちがいい」という条件で考えると、お金持ちであること以上に厳格に育てられている、という印象が強いですよね。逆にいえばしっかり守られているということでもあり、ホストクラブなど男女の疑似恋愛を楽しむような場には行かないよう止められていそうです。

■パチンコ屋

・「パチンコ屋。うるさいし、くさいし、汚いから。パチンコ屋で見る女性はヤンキーか、幸薄そうな人ばかり」(32歳/情報・IT/技術職)

・「パチンコや競馬、競輪、ボートなどギャンブル全般」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

パチンコ店などは基本的に男性客のほうが多そうですね。もちろん女性客もいるのでしょうが、どうしてもああいった騒がしい場にいるのは男性が多いイメージがあります。さらに育ちのいい女性となると、確かにこうした場に出入りしているイメージはありませんね。

■趣味色が強い店

・「コンセプトバーのような趣味一色なお店。初めて彼女を連れて行ったときは異世界に迷い込んだようなリアクションだった」(30歳/電機/技術職)

最近は、童話の世界や監獄、忍者など、いろいろなコンセプトに合わせた内装やメニューを楽しめるお店が増えてきていますよね。そうしたコンセプチュアルなお店はどこかアングラなところもあり、興味のない人は訪ねるきっかけもあまりないのではないでしょうか。彼氏や友人に連れられて訪ねたのが初めて、という女性も多そうですね。

■まとめ

育ちのいい女性が行かなさそうだというイメージの場所については、やはり派手な夜遊びやギャンブルなど、少しダーティーな雰囲気が感じられるところが多いようですね。節度を守ればどれも悪いことではないですが、男性の目から見て「育ちがいい」「上品だ」と思われたいという人は、こういった場所への出入りは少しひかえたほうが良いかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数199件(25歳〜35歳の男性)