カン・ソラ「手料理は映画で共演した出演陣に食べさせたい」

写真拡大

女優カン・ソラが料理の魅力について話した。

カン・ソラはファッション雑誌「InStyle」とホリデーパーティーテーブルをテーマに、グラビア撮影とインタビューを行った。カン・ソラがソウル新沙洞(シンサドン) にあるヤンチュルクッキングのキム・ヤンチュルシェフと呼吸を合わせて、2人だけの特別なパーティーテーブルを演出したのだ。

料理の魅力にハマったと話したカン・ソラは「この前までは料理が下手でした。私が念入りに作った料理を、大切な人たちと一緒に食べる時に感じる楽しさがとても大きいです。誰かが私が作った料理を幸せに食べる姿を見ると、やり甲斐を感じます」と伝えた。

続いて「韓食のように科学的で体にいい料理がないです。韓食を念入りに料理する時、改めて健康な料理というのを感じました」と話した。この姿にキム・ヤンチュルシェフは「韓食礼賛論者だね」と褒めたたえ、和気藹々とした雰囲気を演出した。

また、カン・ソラに直接作った料理で準備したパーティーに招待したい人に対して聞くと、自身のために頑張ってくれる所属事務所の家族たちと映画「サニー 永遠の仲間たち」で共演した俳優たちを選んだ。