ベラは先日、ヴィクトリアズ・シークレットのランウェイに初めて登場した/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

姉のジジ・ハディッド(21)に続いて、ヴィクトリアズ・シークレットのファッションショーデビューを果たして話題になっているベラ・ハディッドが、雑誌で認識不能な変顔と美乳を披露して話題になっている。

【写真を見る】胸見せもメイクで大失敗した気鋭モデルのベラ・ハディッド/写真:SPLASH/アフロ

今回Paper誌の表紙を飾ったベラは、ブルネットヘアをアップにしてプラチナブロンドに染め、目元と唇のカラフルなメイク、そして右中指を口に入れていぶかしそうに顔をゆがめる変顔ショットでキメており、デイリー・メール紙が、「ほとんど認識不可能だ」として掲載している写真を見ると、ランウェイを歩いた際のエンジェルメイクのベラとはまるで別人のようだ。

またレースの下着姿でランウェイを歩いただけでも十分にセクシーだったが、Acne Studiosの黒いパンツとジャケットを羽織ってしゃがんでいるモノクロ写真では、大きく開いた胸元から左乳房と、ケンダル・ジェンナーやカイリー・ジェンナーら友人の間で流行しているというピアスをした乳首までお披露目。

しかしネットユーザーたちの視線は乳首ピアスよりも変顔メイクに注がれているようで、しかもあまり評判がよろしくない様子。「まるでゾンビ!」「死んだときこんな顔になるのかな」「こんなメイクのコンセプトを考えた人を解雇すべき!」といった声が寄せられている。【NY在住/JUNKO】