仮面ライダーエグゼイド飯島寛騎&仮面ライダーゴースト西銘駿

写真拡大

 俳優の西銘駿が10日、都内で行われた映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』初日舞台あいさつに出席した。同作が仮面ライダーゴースト/天空寺タケルとしては最後の映画となるが、「いつかレジェンドライダーとして帰ってきたい」と決意を語った。この日は「エグゼイド」から飯島寛騎、瀬戸利樹、松本享恭、松田るか、岩永徹也、小野塚勇人、甲斐翔真、「ゴースト」から大沢ひかる、山本涼介、柳喬之、磯村勇斗、そして本作のメガホンを取った坂本浩一監督も登壇した。

 「仮面ライダーエグゼイド」の世界を舞台に、人類を危機に陥れるゲームウイルス生命体「パックマン」と5人の仮面ライダーがドリームチームとなって戦う本作。「仮面ライダーゴースト」は9月25日に最終回を迎えていたこともあり、客席から「おかえり!」という声がかかるとメンバーも笑顔。西銘が「命、燃やすぜ!」と決めゼリフを披露すると、山本も「命、燃やすぜ!」と便乗、「(タケルのような)髪の色を変えちゃったのでつい」という言葉に会場は大笑いとなった。

 本作には仮面ライダーウィザードの白石隼也、仮面ライダードライブの竹内涼真という「レジェンドライダー」たちも出演した。「僕自身、レジェンドたちを見てきた」と感激の面持ちの西銘に対し、飯島も「先輩とからんだのも初めてだし、撮影を通じていい勉強になりました」と充実した表情を見せた。

 さらに「タケル君の見た目は変わっていないけど、たくましい感じが出ている。だから僕も(1年たったら)たくましい感じを伝えられたらいいなと思います」と飯島。西銘は「見た目は変わっていないと言いたいけど、実は2センチは身長が伸びました」と明かすと、「仮面ライダーの現場で撮影のマナーを教えてもらったし、レジェンドライダーから学ぶことも多かった。いい作品に出られて本当に良かった。いつかレジェンドライダーとして帰ってきたい」と意気込んでいた。(取材・文:壬生智裕)

映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』は公開中