寝不足で甘い食べ物が欲しくなる仕組みを解明 筑波大学

ざっくり言うと

  • 筑波大学の研究で、寝不足で甘い食べ物が欲しくなる仕組みが解明された
  • 脳の「前頭前皮質」と呼ばれる部分の働きによることが、マウスの実験で判明
  • 健康的な食生活を促進するのに役立つことが期待される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング