まさかのコンビ芸も披露

写真拡大

 闇金融がテーマの人気シリーズの第4弾「闇金ドッグス4」が12月10日、東京・シネマート新宿で封切られ、主演の山田裕貴をはじめ、共演の青木玄徳、升毅、高橋ユウ、ジェントル、元木隆史監督が舞台挨拶に立った。

 同シリーズで初めて、15歳以上が鑑賞できるR15+指定となった今作は、パート1、2で主人公・安藤忠臣を演じた山田が再び主演。闇金業者「ラストファイナンス」の社長・安藤(山田)が、兄貴分として尊敬していた豊田(升毅)の10年ぶりとなる出所をきっかけに、安藤の過去につながる新たな物語が動き出す。

 「シリーズ全作を見ている人は?」という呼びかけに、客席から多数の手が上がると、山田は「嬉しいですね。シリーズを通して見てもらえるということは、僕の成長しかり安藤の成長も見てもらえるので」とニッコリ。だが、直後に司会から「先ほどとテンションが違いますね」と前の上映回で行った舞台挨拶との違いを指摘されると、「マスコミの人がいるからね!」とぶっちゃけ、無理やりテンションを上げ始めた。

 「かっこつけている」(青木)といった声に焦った山田は、「皆さん元気ですか!」と突然前に出るなど、場内を盛り上げようと奮闘したものの、空回りの連続。「元木監督とは安藤忠臣という役が生まれた『ガチバン ULTRA MAX』という作品からなので、安藤忠臣の生みの親のような存在」というコメントに対し、元木監督が「母です」とボケた際にも気づかずスルー。すかさず青木が、「母のくだり、流しちゃっていいの?」とツッコミを入れ、客席を笑わせた。

 さらに「升と共演した感想」を問われた山田は、「本当に気さくな方で、現場を和ませてくれて、お芝居も刺激を受け、生まれるものがたくさんあった。これが、現場に長くいる秘訣なのかなって学んだ気がした。長く一緒にいられて嬉しかったです」と述懐。升が「100点!」と採点すると、山田は「もらった100点〜!」とガッツポーズ。無邪気に喜ぶ姿に、青木は「よかったなあ。赤ちゃんみたい(笑)」とこぼしていた。

 テンパる山田を、青木が絶妙なツッコミでフォローするという息の合ったやりとりで盛り上げた2人。終了間際には、「僕はこの舞台挨拶に“3つのき”を持ってきました……本気、やる気、僕裕貴!」(山田)、「僕青木!」(青木)と絶叫する“コンビ芸”も飛び出し、場内は大爆笑だった。