BIGBANG「LAST DANCE」の予告映像を公開…深みを増した感性溢れる雰囲気

写真拡大

BIGBANGのダブルタイトル曲の一つである「LAST DANCE」のミュージックビデオ予告映像が公開された。

本日(10日) 午前10時、YG ENTERTAINMENTは公式ブログを通してBIGBANGの「MADE THE FULL ALBUM」のダブルタイトル曲「LAST DANCE」のミュージックビデオ予告映像、およびD-2予告を掲載、期待を高めている。

予告映像はモノクロの背景と、メンバーの演技が完璧な調和を成し、寂しい雰囲気を漂わせている。

「永遠だと思った愛も終わり/今はありふれた友達も離れていきます/年をとっても/大人になるみたい/なぜこんなに不安なのか」などの歌詞を通して、さらに深みを増した映像が感性に訴える。

12月12日の0時に公開される「MADE THE FULL ALBUM」のダブルタイトル曲「LAST DANCE」はBIGBANGを代表するスロー曲になると見られるほど、印象深いR&Bスロー曲。作詞はG-DRAGON、T.O.P、SOLが手がけ、作曲はG-DRAGON、チョン・ヨンジュン、ソ・ウォンジン、24が参加。

BIGBANGの新しいアルバム「MADE THE FULL ALBUM」は、ダブルタイトル曲「FXXK IT」「LAST DANCE」と新曲「GIRLFRIEND」ならびに、昨年5月から8月まで公開した「M.A.D.E」シリーズのヒット曲を含め、合計11曲が収録された。

1年4ヶ月ぶりのメンバー揃ってのカムバックである上に、8年ぶりのアルバムのため、世界のファンの期待が、これまで以上に高まっている状態だ。

BIGBANGは12月12日の午後11時、NAVER「Vライブ」の「カウントダウンライブ」を通してファンと特別なカムバック放送をする一方、新曲2曲のミュージックビデオを先行公開する予定。