ジェシカ、2枚目となる韓国ミニアルバム「WONDERLAND」のすべてを公開“私の歌を聞いて気分が良くなれたら”

写真拡大

ジェシカが2枚目となるミニアルバム「WONDERLAND」のすべてを公開した。

ジェシカは今月9日、NAVERのVライブを通して「ジェシカ カムバックカウントダウン WONDERLAND」を放送。この日ジェシカは、10日の0時に発売されたニューアルバム「WONDERLAND」について話した。

まず、ジェシカはたくさんのファンが気になっていた映像の中のハガキについて説明。「前回のアルバムタイトル曲である『Fly』のときに出たハガキが、今回の新曲映像にも登場する」とし「最初から2曲をつなげるコンセプトを考えていた」と明かした。

ミュージックビデオ撮影当時のエピソードでジェシカは「寒かったことしか覚えていない。スイスとフランスで撮影したが、映像では寒さが感じられず、残念で悔しい」という苦労話を披露。

また、ミュージックビデオの背景については「とてもキレイな場所だった。むしろ映像で撮ってみると本物に見えないぐらいで、現実感がなかった。どう撮影してもハガキのように映った」と、映像美に対する自信をあらわにした。

続けてアルバム収録曲を1曲ずつ聴きながら説明する時間を設けた。ジェシカ特有の爽やかで清涼な声色が印象的なアルバムで「WONDERLAND」というタイトルにぴったりの洗練された温かなエレクトロニック曲がメインとなっている。

最後にジェシカはアルバムについて「1年ぐらい時間をかけてじっくり企画してきたもので、秘密を守るのが難しかった。ようやく皆さんに公開できてとても嬉しい」と述べ「寒い冬、たくさんの方が私の歌を聞いて気分が良くなれたらと思う」という願いを伝えた。

長い間、力を入れたアルバムだけに、アルバムを紹介するジェシカの姿からは、緊張とときめき、自信が伺えた。冬にぴったりの音楽で返ってきたアーティスト、ジェシカの精力的な活動に期待が高まる。