撮影中に岡田准一から隠し撮りされた
鈴木亮平(左)と染谷将太

写真拡大

 岡田准一主演、山崎貴監督作「海賊とよばれた男」が12月10日、全国426スクリーンで封切られた。岡田は、共演の吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口徹、ピエール瀧、綾瀬はるか、小林薫、山崎監督とともに、東京・TOHOシネマズ日劇1での舞台挨拶に臨んだ。

 出光興産創業者・出光佐三氏をモデルにしたといわれる主人公の国岡鐡造が、明治・大正・昭和という激動の時代を舞台に、名もなき一青年から身を興して国岡商店を創業し、やがて石油事業を通じて戦後の日本国民に大きな勇気と希望を与えていく姿を描く一台抒情詩。国岡の青年期から晩年の90代までを演じきった岡田は、「山崎監督から共に戦ってくれと言われ、現場で悩みながら、スタッフに支えられながら完成させることができた。ここに立てて幸せです」と満面の笑みを浮かべた。

 この日はタイトルになぞらえ、キャスト陣が岡田を「●●とよばれた男」と評し、トークを展開した。鈴木は、「パパラッチとよばれた男」と発表し、「現場で気が抜けないんですよ。すぐに隠し撮りするから」と暴露。「1日の終わりにポーンとメールが入って、『今日の鈴木くん』というタイトルで、気を抜いて食事している写真が送られてくる。しばらくすると、またポーンとメールが入り、今度は『今日の染やん(染谷)』が届くんですよ」とぼやき節だ。

 鈴木の告白に爆笑してみせた岡田は、「永遠の0」に続く共演となった染谷を「寂しがりやとよばれた男」とし、「クランクアップしても、僕を見ながらニヤニヤしているんです。帰らないくせに、しゃべりかけてもこない。寂しいと一言もいわず、そばでアピールしているんです」と説明。穏やかな表情の染谷は、「僕は第3者と話をする時は“岡田様”と呼んでいましたよ」と明かし、どれほど岡田を慕っているかをアピールしていた。