ごめん、無理っ!! 旦那にしたらヤバいと思う男の職業・6つ

写真拡大

どんな職業であれ、一生懸命に働く男性の姿は、キラキラと輝いています! 自分自身でやりがいを感じていれば、なおのこと。「この人についていきたい!」という気持ちも強くなるのかもしれませんね。しかし一方で、将来のパートナーを選ぶとなると……つい相手の職業まで気になってしまうもの。今回は、旦那にしたら苦労すると思う「男性の職業」について、女性たちの赤裸々な意見を聞いてみました。

■キラキラ華やか芸能人

・「芸能人。常に週刊誌とかに一緒に撮られることを考えないといけないので」(25歳/農林・水産/事務系専門職)

・「芸能人。浮き沈みが激しいので」(30歳/学校・教育関連/専門職)

きらびやかな世界で活躍する、芸能人のみなさん。誰もが一度は「あの人気俳優と付き合えたら……!」なんて妄想した経験があるのでは? しかしそれが現実になれば、さまざまな不安と向き合わなければいけません。共演女優がライバルなんて、過酷すぎます!?

■危険と隣り合わせ? 警察官

・「警察官。いつどこで事件に巻き込まれるかヒヤヒヤして安心できないから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「警察官。体が心配になってしまうから」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

警察官が懸命に働いて、安全を守ってくれているからこそ、日本の治安と秩序は保たれています。感謝の念はありますし、安定した職種のイメージもありますが……「自分の旦那が現場に直行」なんてことになると、不安も大きくなってしまいそうです。

■誘惑が多そうな水商売

・「ホストや水商売系。ほかの女性の影がチラついて苦労しそうだから」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ホストなど、女性を相手にする職業」(28歳/電力・ガス・石油/営業職)

夜の世界はきらびやかな分、誘惑も多い世界です。旦那が仕事に行くたびに不安でたまらなくなるなんて……つらすぎます! 昼夜逆転も無視できませんし、子どもが生まれると、また別の悩みも生まれそうです。

■小学生に人気のYouTuber

・「YouTuber。いい人かもしれないけど、定職を持っていてほしい」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

誰でも挑戦できる職業(?)であり、人気が出れば収入も大幅アップ! 小学生がなりたい職業としても、話題になりましたよね。しかし、人気商売ならではの厳しい側面も。「需要がなくなったときには、どう再就職するの!?」なんて、現実的な視点で気になってしまいます。

■安定しづらい、自営業

・「私の旦那がそうなのですが(笑)、収入が不安定で将来もらえる年金も少ないから」(30歳/販売職・サービス系/自営業)

・「自営業の男性。収入が安定しないから」(23歳/その他/その他)

結婚生活を維持していくためには、安定した経済力が必要となってきます。着々と儲けている自営業の方もいますが、会社員とちがって働き方が自由な分だけ、収入は不安定な印象があるのはいなめないのかもしれません。

■チャラい印象の職業

・「バンドマン、バーテンダー、美容師。チャラいイメージがある」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「美容師やサービス業です。休みが合わなさそうだからです」(24歳/金融・証券/営業職)

よく付き合ってはいけない3B(バンドマン、美容師、バーテンダー)と言われますよね。もちろん稼ぎのあって誠実な方もいますが、チャラいイメージを持つ人は少なくないようです。

■まとめ

結婚相手を選ぶ上で、相手の職業にどこまでこだわるかは自分次第です。理想を持つのは悪いことではありませんが、こだわりすぎると「相手がいない!」ということにもなりかねません。どんな職業であっても、その仕事に対する姿勢をきちんと見た上で、相手を見極めるとよさそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月2日〜12月9日
調査人数:100人(22歳〜34歳の働く女性)