映画「あの日、兄貴が灯した光」、本日観客数250万突破で秘蔵映像を公開!

写真拡大

チョ・ジョンソク、EXO ディオ主演映画「あの日、兄貴が灯した光」(監督:クォン・スギョン) が、公開3週目となる本日(10日)、観客数250万を突破した。

配給会社のCJエンターテインメントは10日「本日『あの日、兄貴が灯した光』が観客数250万を突破した」と発表し「このようにヒットできたのは、韓国の慰めと感動、そして笑いまで届けられる唯一の映画という点で、観客の口コミが大きな力になったと見られる」と明かした。

「あの日、兄貴が灯した光」は250万観客突破を記念し、チョ・ジョンソク&EXO ディオのお茶目な魅力が伺える「兄弟のお茶目なハート」映像を公開。

公開された映像は、これまでの映画のプロモーションで行われた放送、イベント、舞台挨拶、インターネットコンテンツなどを通して、二人の兄弟が観客に送った愛情をたっぷりと盛り込んだ。チョ・ジョンソク、ディオの二人が腕で作ったハートを集め、観客の視線を引きつけると同時に笑いを誘い、話題を集めている。

笑いと感動を届け、観客数250万突破した後も観客数を伸ばしている映画「あの日、兄貴が灯した光」は韓国で絶賛上映中だ。