9日、日本観光局の新しいアンバサダーに女性歌手のA-Linが選ばれ、発表記者会見が行われた。写真はA-Lin。

写真拡大

2016年12月9日、日本観光局の新しいアンバサダーに、台湾の女性歌手、A-Lin(ホアン・リーイン/黄麗玲)が選ばれ、発表記者会見が行われた。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

2016年の来日観光客数は、10月末に初めて2000万人を突破。この数字には台湾人観光客も大きく貢献しており、「最も行きやすい外国」として、日本は人気トップに君臨している。

日本観光をPRする顔として、人気女性歌手のA-Linが新たなアンバサダーに選ばれた。A-Linはこのほど島根県で、PRフィルムを撮影したばかり。滞在中は松江城や三朝温泉を訪れたり、名物の出雲そばや地元スイーツを食べたりと、仕事そっちのけで観光気分を満喫。また鳥取砂丘にも足を延ばし、その美しい風景に感動したという。

A-Linによると、海外旅行では自分なりのこだわりがあり、必ず持って行くのが「枕カバー」。自分のにおいがすると、「場所が変わっても寝つきがいいので」と語っている。

台湾では来月末、春節こと旧正月の大型連休が控えている。このチャンスにおススメの旅行先として、A-Linは「日本!」と断言。アンバサダーとして早速、猛プッシュを開始している。(翻訳・編集/Mathilda)