“電撃結婚”ムン・ヒジュンがCRAYON POP ソユルの第一印象を告白「怖いファンだと思った」

写真拡大

ムン・ヒジュンが婚約者であるCRAYON POP ソユルに対する愛情を見せ付けた。

最近韓国で放送されたチャンネルA「シングデレラ」でムン・ヒジュンは、ソユルとのラブストーリーについて明かした。

ムン・ヒジュンはソユルとの出会いについて「2013年、歌番組で初めて会った。怖いファンかと思った。『パパパ』のステージを見て歌手であることを知った。あのときから目が行った」

またムン・ヒジュンは「惚れたきっかけがあった」としながら、「ダイエットのためストレスがひどかった。(ソユルが) ゴボウ茶がダイエットにいいことを知っていて、自分で飲んでいた。ある日、大きな箱を引きずりながらやってきた。ダイエットに役立ちそうだとし、ゴボウ茶1.5リットル10本を作ってきたのだ」と伝えた。

ムン・ヒジュンは「一生愛し続けたい」とし、「愛の有効期限は3年というが、そのようなことがなければと思う」と話し、愛情たっぷりの一面を見せつけた。