大切な衣類をやさしく洗う「NEWスクラブドラム」と「やさしくコース」

写真拡大

アクアは、「洗濯の様子が見えて、家事の楽しさや安心感を提案する」をコンセプトにした全自動洗濯機「ガラストップシリーズ」の第1弾、「AQW‐GS70E」を、2016年12月9日に発売する。

フタを開けなくても洗濯状況がよく見えるクリアなトップドアには、透明度の高い強化ガラスを採用。洗い、すすぎ、脱水まで、衣類がキレイに洗われていく様子を確認できる。

「トールウイングパルセーター」がつくる立体的な「3Dスパイラル水流」は、タテの水流が洗いムラを抑え、ヨコの水流がしっかりもみ洗いするため、衣類を上下左右に攪はんしながら、皮脂汚れやガンコな泥汚れなどを芯からキレイに落とす。

ドラム壁面をタイルのような表面構造にすることで凹凸を少なくした「NEWスクラブドラム」は、洗濯時や脱水時の布あたりがやさしいため、衣類の傷みを抑える。また、標準水流より弱く、ドライ水流より強い、弱水流で大切な衣類を洗い上げる「やさしくコース」を搭載した。

洗濯・脱水容量は、7キログラム。色は、ホワイト。

オープン価格。

なお、「ガラストップシリーズ」のDDMインバーターモーターを搭載した機種を含む、他の3機種についても順次発売する。