©2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

『ハリー・ポッター』と同じ世界を舞台に展開する新シリーズとして、世界中で“本家”『ハリポタ』をも超える勢いの大ヒットを記録している『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が大ヒット公開中!

【動画】原作者J.K.ローリングのコメント付き特別映像を見る

『ハリポタ』シリーズに続き、本作でもメガホンを握っているデヴィッド・イェーツ監督がキャスト陣と共に来日。

魔法の世界を隅々まで知り尽くした彼に、子どもと一緒に親子で本作を楽しむためのポイントを聞きました!

これまでの『ハリポタ』とはココが違う!

本作では、『ハリポタ』の原作者であるJ・K・ローリングが自ら脚本を執筆。

『ハリポタ』と同じ世界を共有しながらも、ハリーたちが生まれるずっと前、1926年のアメリカ・ニューヨークを舞台にしています。

イギリスからアメリカに渡った魔法動物学者のニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)のトランクから、彼の飼育していた魔法動物たちが逃走!

そこから思わぬ騒動が巻き起こり、さらには魔法界と人間界を揺るがす“闇”の存在が徐々に明らかに…。

Q:イェーツ監督は『ハリポタ』シリーズでも第5作『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』以降の全ての作品で監督を務めてきましたが、本作と『ハリポタ』シリーズとの相違点はどのような部分でしょうか?

まず、何よりの大きな違いは、子どもたちが主人公ではないということですよね。

そこからして、感覚的には『ハリー・ポッター』シリーズとは大きく異なりました。

『ハリー・ポッター』では子どもたちが学校で、試練や苦難を乗り越えて成長していきますが、この『ファンタスティック・ビースト』において、私が大きな魅力として感じたのは、複雑な世界に置かれている人物は、みんな大人であるということです。

Q:一方で、あくまでも『ハリポタ』シリーズと世界観を共有しているだけあって、共通する部分もたくさんありますね。

やはり、物語が持っているスピリットは同じです。J・K・ローリングが素晴らしい、ウィットに富んだ、ロマンス、アクション、アドベンチャーといった要素を、全く違う物語に注ぎ込んでくれました。

Q:J・K・ローリングが原作小説という形ではなく、自ら映画のための脚本を執筆しており、監督とJ・K・ローリングとの共同作業も、これまでとは大きく異なったのではないでしょうか?

確かに、これまでの『ハリー・ポッター』シリーズでは、原作を一度、脚本化する作業が必要で、そこに関してはアメリカ人脚本家のスティーブ・クロビスが素晴らしい仕事をしてくれていました。

これまでは、私とスティーブが映画用の脚本を練り上げ、最後にJ・K・ローリングに完成した脚本を渡すというプロセスを踏んでいたのですが、今回、彼女の頭の中にある世界に直接触れ、映像化するというのが私の仕事でした。

Q:「監督と原作者」ではなく、「監督と脚本家」という関係性で、仕事をしたわけですね?

そうです。だからこそ今回、これまで以上により密接に、彼女と関わりながら、仕事を進めることができました。

スティーブも加わり、意見を出し合うこともありましたが、彼女は私とスティーブを深く信頼してくれていました。

何よりも彼女はライターとして非常に多産的で、彼女の頭からは次々と新たなアイディアがあふれてくるんです。最高のパートナーを得て、素晴らしい経験をさせてもらいました。

『ファンタビ』を通じて共有したい、2つのメッセージ

Q:先ほど「主人公が子どもたちではなく大人である」という話が出ましたが、20代〜30代の大人になった世代がかつて、ワクワクしながら『ハリポタ』シリーズを見るために、映画館に足を運んだのと同じように、いまの子どもたちも『ファンタビ』シリーズを楽しめますか?

また、親子で一緒に楽しんだり、考えたりできるポイントがあれば教えてください。

そうですね、この映画を通じて、みなさんと共有したいメッセージや価値観がいくつかあります。

まず「他者に対する寛容さや興味を持つ」ということです。

たとえ、自分と外見が違ったり、少しばかり奇妙に見えたとしても、他者を恐れるのではなく、違いを受け入れるということが大事なんです。

映画では分断された2つの世界――魔法を使える者たちのコミュニティと使えない者たちのコミュニティが描かれます。

この2つの世界を分断するのではなく互いを理解し、壁を作るのではなく関心や好奇心を持つことが必要なんです。

そして、もうひとつは「自分が自分らしくいることを認める」ということです。

映画に登場する青年・クリーデンス(エズラ・ミラー)は、母親に抑圧され、魔法を使うことが許されません。

自分本来の姿を認められず、自分を表現できずに心の中に葛藤、痛みを感じています。

本来の自分を理解し、認めること、そして他者に手を差し伸べること…と言うと少し、理想論であり過ぎるかもしれませんね…(苦笑)。

ではもうひとつ、よりシンプルに、子どもたちに伝えたいメッセージを(笑)。

主人公のニュート・スキャマンダーは魔法動物学者で、現代で言うところの「環境保護」を積極的に行っています。

絶滅の危機にある動物たちを彼は保護しているんです。

子どもたちがニュートを見て、自分たちが美しい自然を持った地球にいること、そこでは毎年のように絶滅の危機に瀕している種が数多くいるということ。

ニュートのように自然を守ることが大事だということを感じてもらえたら嬉しいですね。

ただし、子どもというのは本当に素晴らしいもので、こちらがなにも言わなくとも、それぞれに作品を見て、自然に何かを受け取ってくれるものです。

この作品もそうあってほしいですね。

『ファンタビ』シリーズはまだまだ続く…

Q:シリーズは5部作ということで、今回は1926年のニューヨークを舞台にしていましたが、今後、ニュートはどのような旅をすることになるのでしょうか?

まさにいま、J・K・ローリングが必死にアイディアを練っているところだと思います(笑)。

このシリーズの素晴らしいところは、映画館に行って見るまで、どのような物語になっているのかがわからないというところです。

『ハリー・ポッター』シリーズでは、原作が刊行されており、人によっては3回も原作を読んだ後で、展開を分かった上で映画館に足を運ぶ人たちも多くいました。

原作から泣く泣くカットしなければならなかったシーンについて「なんであのシーンがないんだ!」と残念に思われることもありました(苦笑)。

ですが、このシリーズに関しては、全てはこれからJ・K・ローリングが生み出すわけで、ワクワクしながら劇場に来てもらえます。

だから、私もみなさんの鑑賞体験を素晴らしいものにするため、極力、事前に情報を伝えないように自分を律しているんですが…(笑)。

ただ、少しだけ言いますと、このシリーズはだいたい20年ほどの時間を描く予定で、第2次世界大戦が終わる1945年ごろまでが描かれることになります。

そして、次の第2作は1928年ごろのパリで展開することになるんじゃないかと思いますが…(笑)。

Q:今回、移民たちと一緒にイギリスから新天地アメリカにやって来たニュートの姿や、禁酒法時代のアメリカ社会が描かれていました。『ハリポタ』と世界を共有しつつも、人間の世界、しかも過去を舞台にしているからこそ、物語と一緒に、歴史を学ぶこともできますね。

ぜひ、そうやって楽しんでもらえたら嬉しいです。