薬がトンデモ価格に跳ね上がった米国の製薬業界(写真はイメージです)

写真拡大

米製薬会社がエイズの治療薬を独占的に販売、薬価を55倍も値上げしたことに国際的な批判が集まったが、オーストラリアの高校生が学校の実験室で薬を安く作ることに成功、強欲な製薬会社の鼻を明かし、話題になった。

すると、製薬会社の元最高経営者が「薬を作るならタダで働く高校生を使うべきだな」とツイッターで皮肉を連発、再び物議を醸している。2016年12月1〜5日にBBC、AFP通信、ハフィントン・ポストなど海外メディアが報道した。

トランプ氏にもかみつく「米国一の憎まれ者」

BBCやAFPなどによると、ことの発端は2015年8月、米製薬ベンチャー「チューリング・ファーマシューティカルズ」が、現在エイズに最も効果があるとされる治療薬「ダラプリム」の販売を独占する権利を手に入れたこと。同社の最高経営責任者(CEO、当時)マーティン・シュクレリ氏は、それまで1錠13.50ドル(約1540円)だった薬価を一挙に約55倍の750ドル(約8万5500円)に値上げした。この暴挙は国際的な批判を浴び、その後、半分の1錠375ドル(約4万2750円)に値下げした。

シュクレリ氏は、「次期米大統領のドナルド・トランプ氏にもかみつく男」(AFP通信)として知られ、米メディアから「米国で最も憎まれている男」と呼ばれている。2015年12月、証券取引にからむ詐欺容疑で米連邦捜査局(FBI)に逮捕され、同社のCEOを辞任した。

「ダラプリム」を作り出すことに成功したのが、豪州シドニー・グラマー・スクールの男子高校生8人(全員17歳)だ。彼らは、「社会的に問題のある薬」の開発に取り組むことに意義を感じ、1年間かけて高校の化学実験室で研究を進めた。シドニー大学の化学者らの助言を得ながら薬効成分である「ピリメタミン」の抽出に成功した。

特許の問題があるため、すでに知られている「ダラプリム」のレシピを使わず、別の化合物として再構築した。新薬の作り方をインターネット上にあるソースコード共有サービス「GitHub」(ギットハブ)に公開、オープンソース化し、ビル・ゲイツ氏が支援する製薬技術開発のオープンソース「マラリア・コンソーシアム」の助力を得た。

わずか2300円で新薬を開発した高校生

彼らが開発にかけた費用は合計でわずか20ドル(約2280円)だった。高校生グループの1人ジェームズ・ウッド君は、BBCの取材に対し、「命を救う薬なのに手に入らない人が多すぎるなんて、まったく不当です。研究の苦労はたいしたことはありませんでした」と語った。また、指導教師のシドニー大学の化学者アリス・ウィリアムソン博士もこう語った。

「材料は、学校の実験室で安く手に入るものばかりです。米国の薬価は馬鹿げています。あれだけの値段をつけるなど、まったく言い訳がたちません」

高校生たちの快挙が報道されると、鼻を明かされた形のシュクレリ氏は、ツイッター上で「おめでとう!」と祝福しつつ、次のような皮肉を連発した。

「薬を作るぐらいは誰だってできる。イージー(簡単)なことさ。だが、それだけでは、イノベーションにならないんだよ」
「人件費や設備費用はいくらかかったの? 大学の化学者をタダで働かせることができるなんて知らなかったぜ」
「これから薬を作る時は高校生を使うべきだな」

「憎まれっ子世にはばかる」が米国ではいつまで続くのか。