健康効果にも期待のポケモンGO、問題はブームの永続性

写真拡大

ポケモンGOが実際に米国人たちを”動かして”いることが、科学的な調査によって確認された。「ポケモンGO」の公開から30日間に加算された米国人の歩数の合計は、約1,440億歩に上ると推計される。

米スタンフォード大学コンピューター・サイエンス学部に在籍するティム・アルトフらが学術誌「ジャーナル・オブ・メディカル・インターネット・リサーチ(JMIR)」12月号で発表した論文によると、調査結果はこれまでに示されていたデータなどを裏付けるものだ。

アルトフらはまず、マイクロソフトが次の2種類の個人的な情報を収集することに合意した3万2,000人を調査対象とした。

・マイクロソフトの検索エンジン「Bing(ビング)」を使った検索の内容
・マイクロソフト バンド(リストバンド型ウェアラブル端末)が検出した1日当たりの歩数

調査期間は7月6日〜8月13日までの約5週間半。収集した情報は匿名化した上で、分析を行った。

アルトフによれば、期間中に入力されたポケモン関連の検索ワードは、約600に上った。調査対象としたマイクロソフト バンドの利用者のうち、この間に少なくとも一度はBingを使って検索をしていた人は、約2万5,500人。さらに、その2万5,500人のうち5.6%に当たる1,420人が、「ポケモンGO」のプレイに関連のある言葉を検索した。これは、すでに公表されている「頻繁にポケモンGOをしている米国人の割合は5.9%」との推計とおおよそ合致する結果だ。

マイクロソフト バンドの利用者らが最初に「ポケモンGO」のプレイに関連する言葉を検索した日のから30日間の歩数は、その日以前の30日間と比べ実際に増加していた。調査対象者は「ポケモンGO」の公開前から平均1年以上リストバンドを使っているため、歩数の増加はゲームの利用が原因と考えて間違いないとみられる。

調査結果で明らかになったことの中で最も興味深いことの一つは、いわゆる「カウチポテト」で体重過多の人たちも、このゲームによって歩数を増やしたということだ。

米国の緊急の課題

アルトフらは、公開当初からこのゲームに夢中になった米国人が向こう何年間にもわたってプレイし続けたとすれば、ポケモンGOは、米国人の健康に多大な影響をもたらす可能性があると指摘している。

「多くのユーザーたちが生涯プレイし続けたとすると、それによって延びる米国内ユーザーらの寿命は、合わせて282万5,000年になると予想される」

一方、カナダの研究者は11月、医学誌「予防医学ジャーナル」に掲載した論文の要旨の中で、米国は「人々を外に出かけて動こうという気持ちにさせるための、新たな戦略を打ち出す差し迫った必要がある」と警告。その上で、「この新しいゲームが持つ長期的なリスクと効果を理解するための、さらなる研究が必要だ。短期的には、私たち研究者自身がこの自然主義的な実験に参加し、なるべく多くのモンスターを捕まえようとしてみることが賢明の策だ」と述べている。

ただ、実際にはアルトフが情報収集を行っていた期間中に、ポケモンGOプレイヤーたちの平均的な活動レベルはすでに低下し始めている。