テレビ朝日 アナウンサーズより

写真拡大

 テレビ朝日が、揺れに揺れている。

 朝の情報番組『グッド!モーニング』に出演する田中萌アナ(25)と、共演する加藤泰平アナ(33)の不倫が、8日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で報じられたのだ。

 同誌では、加藤アナが田中アナの自宅マンションに“お泊まり”する写真を掲載。田中アナは入社2年目の独身だが、加藤アナは約3年前に一般女性と結婚。これは、今年トレンドとなった“ゲス不倫”に該当する。

 両アナは8日放送から同番組への出演を見合わせ。テレ朝広報部はマスコミの取材に「今後の出演につきましては、プライベートなことではありますが、報道・情報番組ということもあり、出演を当面見合わせることにしました」とのコメントを発表した。

 田中アナは男性ファンも多く、将来は局の看板アナを目指せる位置にいただけに、今回のスキャンダルは致命的。局内関係者によると「8日に上層部が話し合いを行い、両アナの番組降板が決まったそうです」という。

 一方で、別の同局社員によれば、今回発覚した不倫は「氷山の一角」とも……。

「社内不倫の多さは民放イチだと思いますよ。ある既婚の男性アナ・Kは、手当たり次第に局アナを食いまくり、異動になった。数年前にはアナウンス室の風紀が乱れているということで、上層部が直々に局アナを集めて注意したほど。それでもなくならないのですから、緩んでいる証拠ですよ」

 朝番組の仕事は午前2時ごろに出社して、午前10時くらいに終わる。生活サイクルが普通の人と違うため、出会いの場が極端に少なく、職場恋愛に陥りやすい。

「報道番組に携わる者として、不倫は御法度。2人はそのあたりの認識が甘かった。しばらくテレビ画面で見ることはないでしょう」とはスポーツ紙記者。

 一方で、恋愛に猪突猛進な田中アナが今回の報道にもめげず、加藤アナにアプローチを続けているという情報もある。局内の混乱は、しばらく続きそうだ。