YUKIが新OP曲を担当

写真拡大

 放送中のテレビアニメ「3月のライオン」の新オープングテーマが、YUKIの書き下ろし楽曲「さよならバイスタンダー」に決定した。

 羽海野チカ氏の人気漫画を、「〈物語〉シリーズ」の新房昭之監督とシャフト制作でテレビアニメ化した本作は、17歳のプロ棋士・桐山零が主人公。心に孤独を抱える零が、川本あかり、ひなた、モモの3姉妹や、ライバル棋士たちとの交流を通じて、かつて失ったさまざまなものを取り戻していく姿を描く。2017年には、神木隆之介主演の実写映画版が2部作で公開される(前編が3月18日、後編が4月22日公開)。

 羽海野氏と親交が深いYUKIは、「主人公の零くんの、将棋を指す静かな快楽を無視できずどんどんその世界にのめり込んでいく気持ちとは、交わることがないようでいて共感できるところは沢山あるのです」と告白。そのうえで「“他力”が働くと、良くも悪くも人は思わぬ方向へいくものです。私はずっとそうしてきたように思います。でもここで、自分の中の傍観者とは距離を置きたくなりました。もう時は来たのです。『さよならバイスタンダー』は今の自分の決意を歌ってみました」と同曲に込めた思いを述べた。

 さらに、「好きな女の子を守るために自分の足で歩き、強くなっていく零くんを見ているのは楽しくもあり、苦しくもなります。私もずっと漫画を読みながら応援しています」と明かし、「美味しくて、かっこよくて泣けて笑える、先生の作品が大好きです」と“羽海野作品”への愛を語った。

 「3月のライオン」は、NHK総合で毎週土曜午後11時から放送中。