「逃げ恥」第10話「恋愛レボリューション2016」より
 - (C)TBS

写真拡大

 12月13日に放送される大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系・毎週火曜よる10時)の第10話で、みくり(新垣結衣)&平匡(星野源)とは対照的に“オトナ”な雰囲気で人気のハイスペックイケメン・風見(大谷亮平)&独身キャリアウーマン百合(石田ゆり子)コンビが国立科学博物館(東京・上野公園)で開催中の「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」を舞台に、波乱の展開を迎えることが明らかになった。

 いよいよ残りわずか2回となり、「逃げ恥ロス」が叫ばれる本作。先週放送された第9話では、百合が自分のあずかり知らぬところで杜撰な広告デザインが進められているのを知り会社の上司に直談判して阻止することに成功するも、その上司が「融通が利かない。独身だから必死なんだ」と陰口をたたいているのを聞いてしまうというひと悶着があった。

 しかし、帰宅途中にバッタリ遭遇した風見に「百合さんの広告好きです」と言われ、緊張がゆるんだのか百合は「アラフィフの独身女だって一人でいるのが怖いっていう若い女の子たちに勇気を与えられるはず。だからわたしはかっこよく生きなきゃって思うの」と心情を吐露しているうちに涙腺が決壊。初めて涙を見せた百合、そんな彼女の涙を「壁ドン」ポーズで隠した風見のやりとりに胸を突かれた視聴者が続出した。

 そして、次週放送される第10話では風見に熱烈なアプローチを仕掛ける超ポジティブ女子・杏奈(内田理央)&風見、百合の同級生でシングルファーザーの田島(岡田浩暉)&百合が「世界遺産 ラスコー展」の会場で偶然遭遇してしまう……という展開に。「ゆりちゃん、風見さんのカップル素敵だった」と風見&百合の恋の成就が期待されているが、果たして……? じわじわと人気を集めている17歳年の差カップルの恋の行方に注目したい。(編集部・石井百合子)