大分やG大阪で活躍のFWマグノ・アウベスが自伝出版…「これまでの歩みを誇りに思う」

写真拡大

▽かつて大分トリニータやガンバ大阪でJリーグを席巻したFWマグノ・アウベスが自伝を出版したことがわかった。所属先のフルミネンセが伝えている。

▽来年1月に41歳の誕生日を迎えるマグノ・アウベスは、2004年に大分入りすると、2006年からG大阪でプレー。同年に26ゴールでJ1得点王に輝くなど、研ぎ澄まされた得点感覚でサポーターを沸かせた。

▽そのマグノ・アウベスは現在、ブラジルの名門フルミネンセに所属。クラブ公式サイトが伝えたところによれば、出版イベントに参加したマグノ・アウベスは今回の自伝について以下のように言及したという。

「この本には、僕のこれまでの歩みが凝縮されている。僕はあてもなく、1万5000人の町を飛び出した。多くの扉は閉ざされていたが、これまでの歩みを誇りに思う。いつも困難に打ち勝ってきた。これがこの本を通じてみんなに送りたい僕のメッセージだ」