8日、「君の名は。」ブームが広がるなか、中国のイケメンコスプレイヤーが話題となっている。

写真拡大

2016年12月8日、中国メディア・騰訊は記事「実写版『君の名は。』が大人気、日本人ファンをとりこにした中国人美少年」を掲載した。

【その他の写真】

日本のアニメ映画「君の名は。」が中国で大ヒットしている。8日時点で興行収入は3億9000万元(約64億7000万円)に達し、同時期公開の映画を大きく上回る注目を集めている。「君の名は。」ブームが広がるなか、話題となったのが上海在住のイケメン大学生・焦睿(ジャオ・ルイ)さんのコスプレだ。

主人公・立花瀧に扮し、上海を舞台に映画と同じシーンの写真を撮影。約3分のショートフィルムにまとめた。中国のネットユーザーは「上海でこんな青空の写真がとれるなんて」「上海観光局の宣伝CMに使えばいいと思う」と高評価。日本のネットユーザーからも「塩顔系美少年!ステキ」「中国のイケメン大好き」と絶賛されている。(翻訳・編集/増田聡太郎)