元夫の前でお尻ポロリ!マドンナ58才、過激ダンスでまた炎上

写真拡大

 2016年は各地のコンサートに大幅遅刻する大失態から、反トランプ運動に精を出すあまりに飛び出したハレンチ発言、元夫の間に生まれた息子ロッコの親権争いなど、話題にことかかなかったポップクィーン、マドンナ(58歳)。

 なんと今度は、半ケツチラリのハプニングでファンから集中砲火を浴びています。

◆アラ還マドンナが半ケツダンスで大炎上!

“半ケツ事件”が起こったのは、毎年年末にマイアミで行われるアートイベント「Art Basel」でのこと。

 12月2日の夜、アリアナ・グランデ(23歳)とライブパフォーマンスを行ったポップクィーンは、“お尻出し前提”としか思えない超ミニのドレスを着用。観客に背を向けると、ヒップをプリプリと揺らすダンスを披露しました。

 その時の動画がインスタグラムやツイッターなどでシェアされると、その肉感的なお尻に対し、ファンから「ぎゃー」「キモっ!」「フェイクのケツじゃね?」「もう二度としないで(泣)」と批判が相次ぎ大炎上。

 横で踊る年下歌手アリアナでさえも隠す所はきっちり隠しているというのに、アラ還の姫はいったい何を血迷ったというのか!?
 実はこの数時間前、チャリティ・オークションイベントに元夫のショーン・ペン(56歳)と一緒に登場したマドンナは、「あなたのことまだ愛しているわ」と告白。さらに「オークションで15万ドル(約1700万円)使ってくれたら、また結婚してあげる」と衝撃発言をしたばかりでした。

 二人が結婚していたのはたった4年間、それも30年も前のこと。しかし『People』によれば、元夫ショーンはまんざらでもない様子だったのだとか。

 ショーンは「また結婚してあげる」発言を真に受けたかのようにオークション作品をいくつも競り落とし、最後にはマドンナを後ろ手に手錠をかけた強制連行風パフォーマンスで観客を沸かせました。

◆愛想をつかされるのは時間の問題?失言連発のマドンナ

 このイベントはマドンナがかねてから取り組んできたアフリカ・マラワイ共和国を救う運動の一貫。

 オークションでは、有名写真家ハーブ・リッツが撮影した元夫ショーンとの結婚式写真を含むプライベートな写真や、直近のワールド・ツアー「レベル・ハート・ツアー」でマドンナが着用した衣装を売り出し、計750万ドル(約8億5000万円)の寄付金を集めたのだとか。

 めったに会うことのない元夫へのラブコールに加え、オークションの大成功。気を良くして半ケツのひとつやふたつサービスしたくなったのかもしれませんが、ファンにとってはありがた迷惑だった様子。

 マドンナは2016年を振り返る『Billboard』のインタビューでも、ドナルド・トランプの大統領選出に深い失望を表現し、女性がヒラリー・クリントンに投票しなかった理由を「女性は女性がキライなもの」「女性は同性を応援しない傾向にある」などと、ステレオタイプなコメントをして一部ファンから反感を買ったばかり。

 行き過ぎた言動の連続で、姫のイメージが失墜しないことを祈るばかりです。

Instagram: BALLER ALERT https://www.instagram.com/p/BNiriDaj_jK/

Source:
『People』http://people.com/movies/madonna-sean-penn-marry-charity-art-basel/

『Billboard』http://www.billboard.com/articles/events/women-in-music/7597392/madonna-billboard-woman-of-the-year-interview

<テキスト / 橘 エコ>
【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/)