4年前のポスターが「攻めてる」と話題に(写真は厚労省HPから)

写真拡大

梅毒に感染する人が急激に増えている、との発表を背景に、厚生労働省の性感染症の予防ポスターが「神ってる」と大きな話題になっている。

きっかけは人気アニメの「美少女戦士セーラームーン」が「検査しないとおしおきよ!!」と呼びかける啓発ポスターが2016年11月21日に登場したことだが、過去のポスターも改めて注目を浴び、12年に出た「オーラルでも、うつります。性感染症」をナンバーワンに挙げる人が多い。

「オーラルでも、うつります。性感染症」

話題になっているポスターは信号機をモチーフにしたもので、青はピクトグラムで描かれた男女が手を繋いでいて、赤は男女が上下逆さまに描かれ、

「オーラルでも、うつります。性感染症」

という大きな文字と、口だから感染しないと思っている人がいるけれども、「無防備な」お口の行為はしても・されても感染する可能性がある、という説明が付いている。

ツイッターでは、

「厚労省のこのポスター、霞ヶ関史上最も攻めた事例の1つと認定していいと思うんだ」

などといった呼び掛けが起こり、

「神ってる」
「なんかスゴイ.....」
「最高にロック(69)ですよね」

などといった感想が付いた。

どうしてこのような話題になるポスターを作り続けているのか。J-CASTニュースが16年12月8日にポスターを制作している厚生労働省健康局結核感染症課に話を聞いてみた。

これだけ注目されているということは「成果」と言えます

結核感染症課のポスター制作の担当者によれば、性感染症の中で特に梅毒の感染者がこの5年で5倍になるなど猛威を振るっていることに注意喚起をするため、「思い切って」メッセージ性の強いものを考えて来たのだという。ちなみに国立感染症研究所の発表によれば、16年11月27日までに確認された今年の梅毒患者数は4077人。11年は827人だった。結核感染症課の担当者によれば、感染者が急増した原因ははっきりしておらず、風俗店にいかなくても普通の生活で感染している。症状が出にくいため、知らず知らずのうちに感染し、そして誰かにうつしている状況が続いていて、これを食い止めるためには検査するしかない。

「とにかくこうした状況を知ってもらわなければなりません。セーラームーンのポスターでもそうで、様々な意見が寄せられましたがそれだけ注目されているということであり、成果と言えます。これからも話題になるポスターを作り続けていきます」

と担当者は話していた。