「貯蓄が多い」都道府県民ランキング 2位「静岡県」

写真拡大

ソニー生命保険株式会社が、昨年に続いて2回目となる「47都道府県別 生活意識調査」を実施し、4,700名(各都道府県100名)の有効サンプルの集計結果を公開しました。各都道府県民の金銭事情を探るため、おこづかい、貯蓄額、自己投資にかけている費用を聞き、平均金額でランキングを算出しました。結果を詳しく見てみましょう。

■おこづかいランキング

【1カ月のおこづかい】について平均金額をみると、1位は「東京都」で45,850円、2位は「茨城県」で36,750円、3位は「神奈川県」で33,550円でした。また、4位に「群馬県」(32,450円)、10位に「栃木県」(30,100円)と、関東地方の都県がトップ10に多くランクインしました。なお、全国平均は27,278円でした。

■貯蓄額ランキング

【現在の貯蓄額】について平均金額をみると、1位は「東京都」で1,124万円、2位は「静岡県」で1,076万円、3位は「神奈川県」で921万円となりました。全国平均は479万円です。

■自己投資額ランキング

【自己投資に1カ月でかけている費用】について平均額をみると、1位は「東京都」で11,295円、2位「京都府」で8,510円、3位「香川県」で8,235円となりました。全国平均は6,521円でした。

■まとめ

どれも1位だった「東京都」、すべてTOP5入りした「神奈川県」。おこづかい、自己投資が多い中、貯蓄額も多いとは、収入が多い人が多いのでしょうか。あなたの出身地は、ランクインしていましたか?

《調査概要》

◆調査タイトル :47都道府県別 生活意識調査2016
◆調査対象 :ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とする全国の20歳〜59歳の男女
◆調査期間 :2016年9月7日〜9月15日
◆調査方法 :インターネット調査
◆調査地域 :全国
◆有効回答数 :4,700サンプル(有効回答から居住地×性別×年代区分がほぼ均等になるように抽出)(内訳)各都道府県100サンプル(男性50サンプル 女性50サンプル)
◆調査協力会社 :ネットエイジア株式会社

(マイナビウーマン編集部)