12月11日に放送される「なかなか言えないあのセリフ 言ってみたらこうなった!」で結婚生活の実態も/(C)カンテレ

写真拡大

生瀬勝久、高島彩、徳井義実がMCを務める特番「なかなか言えないあのセリフ 言ってみたらこうなった!」が、12月11日(日)昼4時05分からフジテレビ系で放送される。

【写真を見る】ゲストのカンニング竹山と田中美佐子も、街中の夫婦のリアクションに興味津々/(C)カンテレ

「こんなセリフ言ってみたいけど、なかなか言えない…」という誰もが持つ隠れた願望を実際に言葉にするとどうなるのかを検証していくバラエティー。今回は妻から夫へ、夫から妻への、思い掛けない一言を突然言われたときのリアルな反応が明らかになっていく。

「妻が夫に、なかなか言えないセリフ」では、夫の浮気を疑っているという街中の妻が、夫に「私に何か言うことあるよね?」と揺さぶりをかける。また、椿鬼奴・グランジ大夫妻ら3組の夫婦も同じせりふで試していく。

この様子を見ていた高島とゲストの田中美佐子は、「家に帰ったらやってみたい!」と、スタジオのカンニング竹山ら男性陣をよそにノリノリに。

さらに、「夫が妻になかなか言えないセリフ」では、渡辺徹、石田純一、加藤茶、ヒロミ、有村昆が、普段、面と向かって妻に言えないことを告白する。

結婚6年目の加藤が、45歳年下の妻に「愛してるよ」が言えないと話すと、生瀬が「確かにタイミングが分からない」と賛同。スタジオでは「愛してるよと言うタイミング」論争が繰り広げられる。

ほか、街行く人に直接言いにくいことをLINEで伝てる「直接言えないあのセリフ、LINEで送ったらこうなった!」のコーナーも。

収録を終えた生瀬は、「私も昭和生まれなので、日本人としては言わなくても分かるというか、言いにくいという文化なんですよね。でも、やっぱり言わないと分からないんでしょうね。これからは言いにくいことも言っていきますよ。正直に。照れくさいことを言っていきます!」とコメント。

これを受け、高島が「徳井さんは言いたくて言えないことはありますか?」と尋ねると、徳井は「『結婚しよう』ですね」と即答し、「今まで1回か2回、なんとなくそんなタイミングもあって、この辺まで出たけど飲み込んだら、今このようなありさま(笑)」と打ち明けた。