古舘伊知郎の司会・進行のもと、「古舘トーキングヒストリー」のトークパート収録が行われた/(C)テレビ朝日

写真拡大

今に伝わる「忠臣蔵」の真実を、ドラマ×実況×トークでひもとく斬新過ぎる特番「古舘トーキングヒストリー〜忠臣蔵、吉良邸討ち入り完全実況〜」(テレビ朝日系)が、12月10日(土)夜8時50分から放送される。

【写真を見る】古舘伊知郎が「忠臣蔵」の吉良邸討ち入りを完全実況する!/(C)テレビ朝日

豪華俳優陣によるドラマ、人気フリーアナウンサー・古舘伊知郎によるマイクパフォーマンス、そして識者を迎えてのトークセッションで「忠臣蔵」の知られざる歴史ミステリーに迫る。

同番組では、日本の年末の風物詩「忠臣蔵」は本当に勧善懲悪なのか?という視点に立ち、ドラマ×実況×トークという斬新な組み合わせで、忠臣蔵の真相をひもとく。

そのトークパートの収録が、古舘の司会・進行のもと、女優・名取裕子、タレント・伊集院光、アイドル・秋元真夏(乃木坂46)、歴史学者・磯田道史といった各方面からの識者をゲストに迎えて行われた。

スタジオには、敵討ち後の赤穂浪士がたどり着いた泉岳寺の豪華セットが出現。歴史の1ページに名を刻んだ男たちの足音が今にも聞こえてきそうな空間で、完成した新撮ドラマ「忠臣蔵」を鑑賞すると共に、過去のイメージとの比較やさまざまな意見交換を通して真実の忠臣蔵に迫っていく。

ドラマパートでは、緒形直人、西村雅彦、笹野高史ら豪華キャストが真実の「忠臣蔵」に挑む。

現在、一般的とされる討ち入りのイメージは、後年の演劇化により作られたものも少なくない。果たして47人もの武装した男たちはどのようにして誰にも知られることなく吉良邸までたどり着いたのか。

100人以上いたという吉良家臣を47人でどのように制圧したのか、サッカー場ほどもある広大な吉良邸で、限られた時間の中どのように吉良の居所を突き止めたのか。そして、討ち入りは本当に大石側が善、吉良側が悪だったのか…。

それらの疑問や謎、歴史のミステリーに答えるべく、番組では新しい「忠臣蔵」の脚本を、忠臣蔵研究で知られる中央義士会の考察を参考に作成。大石内蔵助役に緒形、吉良上野介役に西村、原惣右衛門役に笹野という俳優陣を配し、真実の「忠臣蔵」を本格的に描く。

さらに、浪士たちの集結から吉良邸突入、上野介の首取り、そして引き上げまでを描くドラマ世界に、誰にもまねできない巧みな語彙センスとハイボルテージで人気のフリーアナウンサー・古舘が潜入!

時空をねじ曲げスーツ姿で江戸の町に降り立った古舘が、吉良邸内を縦横無尽、自由自在に動き回り、志士たちの一挙一動をつぶさに実況する。

熱き男たちの戦いも、俯瞰(ふかん)で眺めれば冷静な戦略が明らかになる…のか。ドラマ、実況、トークの三層構造で「忠臣蔵」の考察に一石を投じる。

歴史学者も映像関係者も、これを見れば今後の「忠臣蔵」の描き方を変えることになる…かも?