(画像はイメージ)


 今回紹介する3冊は、私が興味を持った最近の話題から選んだ。

 1つ目。2017年から公務員や専業主婦なども個人型確定拠出年金の対象に追加され、ほとんどの人が加入できるようになったこと。要は、公的年金は消えるかもしれないので、老後も自己責任でお願いしますというのがお上の本音だろう。突然の放置プレイ。右も左も分からないなか、何か参考になる本はないかと探したなかで、参考になりそうなものを紹介したい。

 2つ目。アイドルになりたいという夢を描く女の子と、その後の人生。アイドルの語源は「崇拝される人や物」という意味を持つ英語らしい。てっきり「I am a doll(私は人形)」の略か、「愛=ドル箱」の略かと思っていた。「崇拝されること」を「卒業する」ということは、どのような状態を表すのか。いまいち釈然としないので、正反対のメンタルを持つと思われる。ブスの生き方を引き合いにアイドルの引退を考察してみた。

 3つ目。某企業の残業時間短縮について。大手広告代理店の新入社員が自ら命を絶ったというニュースに触れた。その時分に、たまたま手に取った本がある。別の大手広告代理店を辞め、ウェブニュースの編集長となった人の著書が興味深かったので紹介したい。

貯金感覚ではじめる低投資

『はじめての人のための3000円投資生活』(横山 光昭・アスコム)

『はじめての人のための3000円投資生活』 横山 光昭、アスコム、税別1100円


 <ゲームに参加しないリスクは、参加するリスクよりもはるかに大きい>

 これは本書に紹介されている「最強の投資家」ことウォーレン・バフェットの言葉である。正直に言って私は、投資というものに対して興味はあれども、今日の今日まで一歩を踏み出せていない。それには自分の父のことが関係している。

 ある冷蔵機器メーカーに勤めていた私の父は、60歳で退職した直後から株を始めた。そのきっかけとなったのは、私が大学生時分に読んでいた一冊の本である。

 当時、東京で学生生活を送っていた私のアパートに、出張で訪れた父が泊まりに来た。「その方が安上がりだろ」と言いながら、出張の日にちを電話で伝えてきた。いま思えば、出張ならば宿泊代が出るはずで、実際は息子がちゃんと勉学に励んでいるかどうか、東京でちゃんとやっていけているのかどうか、様子を見に来たのだと思う。

 当時は、泊まりに来た父のくれる小遣いを当てにしていた部分もあって、あまり深く考えることはなかった。それどころか、付き合っていた彼女の「泊まりに来たい」という申し出を断ってまで、泊めてあげているのだという意識さえあった。

 父が泊まりに来た日、私の机の上に置いてあったのが、島田紳助の『知識ゼロからの金儲け』(幻冬舎)だった。時は1998年。時代の流れに乗り遅れまいとパソコンを購入しながら、何一つ有効に使っていなかった私は焦りを覚え、日興証券の「バーチャル株投資」というものをやり始めた直後だった。1000万円を元手にどれほど資金を増やすことができるかというネット上の仮想投資ゲームである。

 やり始めた背景には、同級生から「株式運用で得た利益で学費をまかなっている」という話を聞いたことが影響していた。やり始めてから1週間ほどで1200万円ほどに増えただろうか。いま考えれば完全なるビギナーズラックであるが、気をよくした私は「どれ本腰を据えて、実際に株を買うために少し研究しようか」と先の本を軽い気持ちで手にしたのだった。

 父と交わしたその時の会話を、今でもおぼろげながら覚えている。「この本、面白いのか?」と尋ねられた私は、「株は下がったとしても元手が全くのゼロになることはない」などと、読んだばかりの記憶をなぞり、上辺だけの一言を得意げに放ったのだった。

 定時制高校卒で、まじめ一本やりにサラリーマンを勤めあげてきた叩き上げの父には、大学まで進学させたわが息子の言葉がどう響いたのだろう。きっと軽いものではなかったはずだ。

 口座開設の煩雑さなどから私はほどなくして株式投資を諦め、その手軽さから射幸心にあおられるままパチンコにハマった。しょぼいビギナーズラックに騙された後は連戦連敗で、貯金はみるみる目減りしていった。ギャンブル中毒一歩手前まで熱中し、総額では百数十万は負けたと思う。

 勤め始めて数年後、2005年にある事件が起こった。みずほ証券による「ジェイコム株大量誤発注事件」である。もしあの時に株式売買を始めていれば自分にもチャンスがあったかもしれないなどと夢想したが、それはまだ先の話。

 父は、私の東京のアパートに泊まりに来た直後に、証券会社へと出向いたらしい。その時に勧められた「光通信」の新規公開株の申し込みの誘いに、首を縦に振らなかったという自分の判断に悔しさをにじませながら当初は笑い話としていた。光通信の変遷をみれば、正しい判断だったと言えなくもないが、当該株の乱高下はその後の父の投資家人生を予感させるに十分だった。

 パソコンを数台買い込み、慣れぬ操作に四苦八苦しながら、いくつかのモニターに目を向ける日々。ほどなくして金銭的な余裕がなくなっていったのか笑顔は消え、株の話を振ると不機嫌になるということが続いた。おそらく連戦連敗だったのだろう。父子そろって分の悪い勝負に手を出すのは、血筋なのだろうか。

 それを知り、母は「老後、貧乏になってどうするのー」と明るく笑っていたが、負けが込んでからデイトレという言葉を覚えて短期決戦へと打って出た父は、さらに傷口を広げて退職金はカツカツになったようだった。対照的な2人を見ながら、そのきっかけを作ったのが私だと思うと心苦しかった。

 自然と投資に対してはおよび腰となり、今日に至る。

 話を現在へと戻す。今回紹介するはじめての人のための3000円投資生活を読んでみて、当時の疑問のいくつかは氷解した。

 まず、株はあまりにリスキーだということが分かった。あらゆる商品を組み合わせてリスクヘッジし「これで大丈夫だ」と自信を持っていたプロである本書の著者ですら、予期せぬリーマンショックの前では風前の灯火であったという。

 しかし一方で、資本主義は成長し続けることが前提条件であることから、長い目で見れば投資は利益をもたらす、いや、もたらし続けてきた実績がある。あくまで過去の歴史においてはという注釈つきで先のことは誰にも分からないことではあるが、賢者は歴史に学ぶとも言う。

 私が煩雑だと感じ、挫折した証券会社の口座開設などの手続きは、ネットの普及によって現在は随分と簡単になったようだ。そして、おすすめの証券会社を4社の中から選ぶという明快さもさることながら、具体的な金融商品も数を絞って分かりやすく書いてくれているのが、初心者にはうれしい。

 先にも触れたが、この低金利時代に、貯金感覚で始める低投資というコンセプトは「儲けよう」「利益を獲りにいこう」というデイトレ発想の逆を行くものだ。本書を要約すると低リスクの商品を積立で購入し、リスクヘッジしながら長期で保有することを原則とする。短期的な上がり下がりで一喜一憂せずに、長期保有で積み立てをしようというのが本書の言わんとするところだ。

 本書で推奨する月々3000円なんて、飲み会を一回断れば捻出できてしまう金額だ。家計の見直しによって捻出できてしまう額だろう。帯にも大きく書かれているが、家計再生コンサルタントたる彼の元を訪れた人々は、額は異なれど、この手法により4000人が自ら設定した目標金額を達成したという。

 最初の一文に記したバフェットはこうも言っている。

 <非常に低コストなインデックスファンドに投資すれば、同時に投資を始めた90%の人よりも良い結果を得るだろう>

 来年は、いや今日からでも本書に従って「3000円投資生活」を始めてみてはいかがだろうか。私も近日中に本書をもって、父の元を訪れようと考えている。

繰り広げられるブス論、切れ味最高

『ブスの本懐』(カレー沢薫・太田出版)

『ブスの本懐』 カレー沢薫、太田出版、税別1000円


 アイドルの橋本奈々未さんが、乃木坂46を卒業するという。正直に告白すると、卒業することを取り上げた朝の情報番組をみて、橋本奈々未さんの存在を知った。テレビに映った愁いを帯びた笑顔がとても綺麗で、アイドルらしからぬ厭世的で控えめ目な佇まいが印象的だった。

 その番組では、卒業の理由として「弟の大学の学費の目途がついたこと」を挙げていた。アイドルになるに至った理由が純粋に「お金」であったことから、金の切れ目が(芸能界との)縁の切れ目になったようである。自分のためではなく「弟の」というところが、高ポイントだ。大所帯のアイドルグループに属して、いくら稼げるのかは皆目見当がつかないが、薄幸の美少女好きの自分としては多分に「どストライク」なエピソードであった。

 しかし応援しようにも、その存在を知った時にはアイドル活動の大半を終え、卒業秒読み。ミットにボールが収まってからスイングを開始するかのような、絶望のタイミングに知ったことを残念に思う。遅きに失した感ありあり。

 しかし私は諦めなかった。アイドル「ななみん」を、現在から過去へとさかのぼり始めたのだ。短期間でもはや呼び方が馴れ馴れしく変わったことにお気づきだろうか。

「最近、作家の名前も書名も思い出せない」などと口にしている割に、仕事以外の興味があることには当てはまらないらしい。「ななみん」が、何個か挙げている趣味の1つは読書である。奇遇だが私の趣味も読書だ。

 情報化社会により、デビュー当時以前の画像がネットに上がるのはもはやお約束と化しており、「ななみん」になる以前の画像も(おそらく非公式であると思われるが)載せられていた。高校生の時から可愛らしい。だが、いまの神々しさに比べるとまだまだ大器の片りんをうかがわせる程度といったところだろうか。

 例えて言うなら、甲子園には届かなかった筒香嘉智(つつごう よしとも)がDeNAベイスターズの4番となり、侍ジャパンで5番を打ち、年棒が3億の大台に乗ったというと分かりやすいだろうか? 余談だが、横浜高校vs花巻東の練習試合で、当時20年に1人の逸材と言われた菊池雄星(現・西武ライオンズ)は、熱を出しながらも点滴を打って強硬出場した筒香に場外ホームランを打たれている。筒香はダイヤモンドを一周し、タクシーで帰っていったという。まさに大器。

 しかし「ななみん」のエピソードも負けず劣らずすごい。先日の「ラスト握手会」で行列が4キロ。最後尾は10時間待ちである。そのネット記事をみた時、「乃木坂46 第3期オーデイション」の合格メンバー画像というリンクに目がいった。クリックして一人ひとりの画像とコメントを順番に見る。結果、即戦力ルーキーとなるには、高い壁を越えなくてはならないのだとしみじみと思った。

 走力と守備力に秀でたオコエ瑠偉ですら、プロ入り1年目は一軍出場51試合、打率2割以下である。プロで通用するためには欠点を補って余りある秀でた長所を武器としなければならないのだ。またまた、野球ネタですみません。

 さて、前置きが長くなってしまったが、本題は「ななみん」にまったく関係ないブスの話だ。私が勤める書店では年に1度「さわベス」と称しておすすめの書籍をベスト10形式で発表している。その「さわベス」において昨年の文庫部門で1位に輝いたのが、本書の著者であるカレー沢薫氏である。

『負ける技術』(カレー沢薫、講談社文庫、税別680円)


 受賞作のタイトルは負ける技術。人生において負け続けてきたことを自認する「負けの人間国宝」ことカレー沢氏が、世のさまざまなものに対して遠くから吠え、対象をぼやかすことで気づかれないように牙をむき、白旗だと白星(=勝ち)に間違われるかもしれないからと黒旗を掲げる。ざっと、そんな内容の本である。

 その敗北によりもたらされた怒りのエネルギーたるや、ブラマヨの吉田敬すら顔負けの卑屈さなのである。全方位にまき散らされたそれらの自虐テロは圧巻だった。今回は論じる対象を固定し、前著とは正反対に標的を一方向へと集約させた。

 タイトルは『ブスの本懐』。扱う内容は終始ブスについて。衝撃である。純度100パーセント、まじりっけなしのブスオンリーの本だ。繰り広げられるブス論、ブスの屁理屈たるや、繰り返すがブラマヨの吉田敬の比ではない。

「ななみん」がなぜこうも可愛いのにアイドルを卒業してしまうのか。正反対の対象を研究することで少しだけ理解できた気がした。一言で言うと、美人は永遠ではないがブスは永遠だということ。

 身もふたもないそんな究極の答えを記しながら、本書が反感を買わないのは、著者の文章がとても面白く、かつキレ味が鋭いためだだろう。昨今のアイドルブームに一石を投じる本である。もし本書を読んで、「ブス」に対しての興味がアイドルへの興味を上回ったとしても責任は取りかねる。

ネットの世界は案外せまいムラ社会

『ウェブでメシを食うということ』(中川 淳一郎・毎日新聞出版)

『ウェブでメシを食うということ』 中川 淳一郎、毎日新聞出版、税別1100円


 著者は大学を卒業して某大手広告代理店に入社した。1997年のことである。幼少期にアメリカで暮らしたことがあり、その際に「キーボードタイピング」の授業を選択していた著者は、ネットの黎明期にキーボードを早く打てるという理由で先輩社員から一目置かれる。

「確かにあったな、そんな時代」と、たいして年齢の変わらない著者が体験してきたネット社会の変遷を、忍び笑いしながら読んでゆく。

 著者が入社から4年目で任された案件は、アマゾンの日本上陸を広く知らしめるプロジェクトをチームの一員として仕切るというミッション。徹底的に秘密裡に行われることを先方から強いられたその仕事は、マスコミ各社に出した案内状にも「社名、内容、目的」を記載できず、なんの記者会見なのか明かすことができず難儀したらしい。結果は、大成功となったらしいが、続く一文に驚愕した。

 その準備に充てた著者の前月(2000年10月)の残業時間は300時間を超えたらしい。1日も休みなく働いたとして、さらに1日10時間の残業・・・広告業界とは、かくもやることが多く、精神的にパワフルでなければ務まらない職場なのだろうか。まさに鬼とならねばやっていられない。著者は翌3月をもって、その某大手広告代理店を27歳で退職する。

 しかし、著者が書く文章からは悲壮感のようなものは漂ってこない。時が適度に経過して、当時を良い思い出として振り返ることができるからだろうか。退職直後は迷走するも、フリーライターとなった著者の年収は700〜800万円はあったらしい。その余裕も1つの理由ではあるだろう。その後、著者の主戦場は紙媒体からネットへと移ってゆくのだが、その考察が面白かった。

 当時ネットに関する知識を多く持っていたわけではないとうそぶく著者。流れに身を任せるようにネットメディアの側に立って、旧主戦場である紙媒体の編集者と仕事した時に「自分たちの立場を守るための発言が多い」と感じたという。2000年代半ばには、紙媒体の編集者はネットを二段ほど低く見ていたきらいがあると指摘する。

 ちょっと前のことなのに、その時代に生きている渦中の当事者だからこそ、我々がよく分からないネットの変遷。本書は、意識することなくそのまま気にも留めずに忘れてしまった「ちょっと前の歴史」を思い出させてくれるクロニクルでもある。

 変革がある程度平等に万人にもたらされる時、よりよい現状を有する人ほど目が曇るのかもしれないと本書を読んで感じた。一方で、立場を迷いなく捨て、リスクを承知で新しい物事(=ネット社会)に飛び込めた人は世に出て注目される機会を得たのだと思う。

 だが、黎明期のトンネルを抜けてある程度の態勢が決着してからは、孤高の印象がある彼らニューウェーブも群れるのだ。徒党を組むのだ。悪い言い方をすれば「日和(ひよ)る」のだということも本書を読んで感じたことの1つだ。

 ネット社会は広大な海のようにみえて、案外せまいムラ社会である。利権を分け合う者同士、仲良くしておく方が得策なのだ。異端児を丸め込み、取り込んでおいた方が業界も円滑に回る。それがビジネスというものなのかもしれないが、変革者の心の有り様を失ったようにも読め、少し残念に思う。

 蓋(けだ)し、この本を読んで教えられた貴重な情報があったことは確かだ。それは、ニュースサイトの最前線で日々戦ってきた著者だからこそ気づき、理論化できたこと。PV(ページビュー)を稼ぐコツである。ネットで注目を集めたい方は、ぜひ本書を読んでいただきたい。かくいう私も、今回この記事を書くにあたって参考にさせてもらった。

 いかがだろうか。私が興味を寄せた3冊について結論めいたことを書かせていただくなら、自らの信念を貫き卒業してゆく「ななみん」を応援する時に備えてネットで稼ぎ、月々の積み立てを強化しようと思っているということなのである。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:松本 大介