クリスマスに向けて、これからダイエットを本格的に始める方も多いはず。そんな時にオススメの食事は、なんといっても“オートミール”! スタイルを維持している有名モデルたちにもおなじみで、アメリカ人たちがダイエットを始める時に、まず初めに取り入れるものこそがオートミールというほど、まさにダイエット食のド定番なんです!


今回は、そんな最強のダイエット食である“オートミール”について紹介します。

オートミールがダイエットに向いている理由


オートミールはオーツ麦を脱穀し、調理がしやすいよう加工したもの。オーツ麦は小麦、大麦、ライ麦といった麦の一種で、日本では飼育料として使われていることが多いです。

オートミールには植物繊維やたんぱく質が豊富


オートミールがダイエットに向いている理由はたくさんありますが、まずは食物繊維をたっぷり含んでいること! 食物繊維は消化吸収されずに便通の動きを促してくれるので、ダイエットには欠かせない成分です。食物繊維は100gの玄米に1.4g、食パンに2.3gが含まれていると言われていますが、それに比べてオートミールには9.4gも含有されているんだとか。オートミールは、穀物の中でも群を抜いて食物繊維が豊富なのです。

また、脂肪燃焼の手助けをするタンパク質も豊富。100gの白米に6.1g、玄米に2.8g含んでいるというなか、オートミールには13.7gも含まれているそう。

オートミールには種類がたくさんあるから飽きない!


オートミールと一言にいっても、さまざまな種類があります。

1.インスタントオートミール


インスタントオートミールは、お湯を入れるだけですぐに食べられるので、時間がない時にオススメです。ただし、糖分を多く含んでいる場合もあるので、成分表を確認してできるだけ糖分が低いものを選びましょう。


QUAKER(クエーカー) インスタントオートミール / ¥634 / アメリカの朝食を代表するオートミール。熱湯を注ぐだけ!

2.ロールドオーツ


ロールドオーツはオーツ麦を蒸し、平らに引き延ばしてから乾燥させたオートミールで、そのまま食べることができます。ただし、食べる時には加熱調理をすることが一般的。調理しやすくいろんな味付けができることで人気です。


日本食品製造 ロールドオーツ / ¥756 / 北海道産の燕麦を使用したオートミール。牛乳または水と混ぜて食べるか、燕麦粥や、クッキー・パンなどの原材料としても◎

3.スティールカットオーツ


スティールカットオーツは脱穀したオーツ麦を割ったもの。胚芽や外皮がそのまま残っているので、ミネラルや食物繊維といった栄養を一番多く含んでいます。ただし、食べるためにはお湯で30分程度煮込むことが必要です。


Odlums(オドラムズ) 挽き割りオートミール / ¥535 / スチールカット(挽き割り)のオートミール。そのまま煮込んでお粥状にして食べたり、パン、クッキーやケーキの生地に混ぜたりして使用。

時間がない時はインスタント、味付けを楽しみたいならロールドオーツ、栄養を目いっぱい摂りたいならスティールカットオーツというように、その日のスケジュールや気分によって使い分けてみましょう。

オートミールはいつ、どの位食べるのがおすすめ?


定番のオートミールダイエットは、1日3食のうち1食をオートミールにする“置き換えダイエット”です。朝、昼、夜のどの食事を置き換えても大丈夫ですが、簡単に作れて1日に重要な栄養も取れることから、朝食にオートミールを食べるのがオススメ!

オートミールのおいしい食べ方



オートミールの弱点は味。味付けがないシンプルなものは、無味でお世辞にもおいしいとは言えません。それに、マズイとダイエットは長続きしませんよね。
そのため、フルーツやナッツなどをトッピングしたり、調味料で味付けをすることがおいしい食べ方のコツです! 特に、フルーツはブルーベリーやイチゴ、ラズベリー、ナッツはアーモンドやウォールナッツがおすすめです。味付けは牛乳やアーモンドミルクを使って、甘さはハチミツ、メープルシロップなどで調整することが人気。ただし、ナッツ類や甘味料は入れ過ぎるとカロリーが増えてしまうので、気をつけましょう!

海外モデルたちはこうやってオートミールを食べている!


キム・カーダシアンは、ロールドオーツにペカンナッツとストロベリーをセレクト。ミランダ・カーは、ゴートミルク(山羊乳)にハチミツ、もしくはメープルシュガー(小さじ1)、チアシード(大さじ1)、カカオパウダー(小さじ1)、シナモン(小さじ1)を入れていると紹介しています。

また、女優のアン・ハサウェイが、映画『レ・ミゼラブル』の役作りでダイエットをするために取り入れたものもオートミール。2014年12月号『VOGUE』のインタビューによれば、彼女は「乾燥オートミールペーストを1日2枚だけ食べた」とのこと。乾燥オートミールペーストは、粉状のオートミールにお湯を加え、ペースト状にしたものをさらに乾燥させたもの。それにより、2週間で理想の体重になったと言われています。

もちろん、1日2枚だけという過酷なダイエットはとっても危険なので真似するのはNG! ただし、柔らかい食感よりは、噛み応えがある方が満腹感もアップするので、たまには乾燥させたオートミールペーストを取り入れてみることも良いのかもしれません。

忙しい朝でも簡単にできて、さらに栄養も満タン。しかも、味のバリエーションを自分で変えることもできて、飽きずに食べられるというのがオートミールのうれしいところ。本気でダイエットを始める人も、ちょっとだけ体重を調整したいという人も、ぜひ取り入れてみてはいかが?

※食物繊維量、タンパク質量は「カロリーSlism」参照
(ピーリング麻里子)