「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」リブートへ

写真拡大

ワーナー・ブラザースが、1986年に公開されたミュージカルコメディ映画「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」のリブート版を製作しているようだ。デッドラインによると、「グリーン・ランタン」のグレッグ・バーランティ監督が、リブート版でメガホンを執ることになるという。

「ウソから始まる恋と仕事の成功術」のマシュー・ロビンソンが脚本、マーク・プラットがプロデューサーを務める同作は、花屋で働く冴えない青年シーモアが育てていた植物が、実は人の血を吸う恐ろしい植物だったことが発覚して巻き起こるストーリー。シーモアが恋する女性の名前をとって“オードリージュニア”と名付けられたそのモンスター植物を怒らせないために、シーモアは生き血を与え続けなければならないのだった――。

作曲家のアラン・メンケンとハワード・アッシュマンによって舞台化された同作のストーリーが最も有名だが、オリジナル作品はチャールズ・B・グリフィス脚本で1960年にロジャー・コーマン監督によって映画化されたもので、ジャック・ニコルソンがマゾの歯医者患者としてカメオ出演していた。

しかしその後、1986年にフランク・オズ監督がリック・モラニス、スティーヴ・マーティン、ジョン・キャンディらをキャストに迎えて再び命を吹き込んだところ、同作はカルト的な人気を誇る映画となった。

なお、現在のところ、リブート版の出演陣はまだ決まっていない。