勇猛果敢な戦士に扮する

写真拡大

 ミラ・ジョボビッチ主演の大ヒットシリーズの完結編「バイオハザード ザ・ファイナル」から、人気モデルのローラ演じる女戦士コバルトの初登場シーン映像が公開された。

 宿敵アンブレラ社が、48時間以内の人類滅亡計画を実施。人工知能レッドクイーン(エバー・アンダーソン)から計画の全容を聞きだしたアリス(ジョボビッチ)やコバルト、クレア(アリ・ラーター)ら戦士たちは、地上に放たれた大量のアンデッドと戦いを繰り広げながら、アンブレラ社の心臓部「ハイブ」を目指す。パワーアップしたアクションに加え、アンブレラ社の真の目的やアリスの過去にまつわるエピソードなど、これまでの謎が一挙に明かされる。

 生き残った人類たちが立てこもる基地で目を覚ましたアリスは、近づいてきたドク(オーエン・マッケン)をとっさに羽交い絞めにし、置かれた状況を探ろうとする。本作でハリウッドデビューを飾ったローラは、一触即発の状況のなかアリスに銃を向けて「撃つよ!」と威嚇(いかく)する勇猛な戦士になりきっており、バラエティ番組やCMでの親しみやすいキャラクターとはまったく違った顔を見せている。映像の最後には、過去作でアリスと共闘したクレアも姿を見せており、序盤の重要シーンといえる。

 「バイオハザード ザ・ファイナル」は、シリーズすべてに携わるポール・W・S・アンダーソン監督がメガホンをとり、「ジョン・ウィック チャプター・ツー(原題)」「xXx(トリプルX) 再起動」などの大作が控えるルビー・ローズが新規参戦する。12月23日から世界最速公開。