最強の敵にライダーたちが大苦戦! 「エグゼイド&ゴースト」製作委員会
(C)石森プロ・ テレビ朝日・ADK・東映

写真拡大

 「仮面ライダー」シリーズの作品がスクリーン上でクロスオーバーする「MOVIE大戦」の第8弾「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー」の本編映像が、公開された。仮面ライダーゴーストの主人公・天空寺タケル(西銘駿)や仮面ライダーエグゼイド・宝生永夢(飯島寛騎)らが、変身前の姿で未知の敵と肉弾戦を繰り広げる光景を切り取っている。

 シリーズ45周年記念作となる今作は、主人公が医者という設定が話題を呼んだ「仮面ライダーエグゼイド」の世界で進行。正体不明のゲームウイルス“パックマン”により、未曾有の危機に見舞われた人類を救うべく、ライダーたちが立ち上がる。最新ライダーであるエグゼイド、前作・ゴーストに加え、歴代レジェンドライダーであるドライブ、鎧武、ウィザードが参戦。特撮作品を数多く手掛けてきた坂本浩一監督がメガホンをとる。

 公開された映像に登場するのは、遺伝子治療の権威であるネクストゲノム研究所に務めていた竜崎一成と武田上葉。2人は正体不明のゲームウイルス“パックマン”を作り出した黒幕・ Dr.パックマンこと財前美智彦(佐野史郎)と行動をともにする強敵だ。武田上葉役を「太秦ライムライト」で華麗な殺陣を披露した山本千尋、竜崎一成役を「地獄堂霊界通信」で主演を演じ、「HK 変態仮面」「SCOOP!」にも出演した鈴之助が演じている。

 中国武術を得意とする上葉は、高い身体能力と華麗な剣さばきでタケルたちを翻弄。スピーディな攻撃を舞うように繰り出す上葉に対し、竜崎は長身と長い手足を活かして破壊力抜群の攻撃を繰り出すパワースタイル。腕を後ろに組んだまま余裕の表情を浮かべて、タケルたちを追い詰めていく。ライダーたちの絶体絶命のピンチを映した坂本監督入魂のバトルシーンだ。

 「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー」は、12月10日から全国公開。