<韓国の朴槿惠大統領とその友人による一連の国政介入疑惑に関連し、韓国国会で朴大統領に対する弾劾決議投票が行われ、賛成234対反対56の圧倒的な賛成多数で弾劾が可決された。朴槿惠大統領は事実上、国家元首としての権限を失った>

 チャンネルAなどの韓国メディアによると、韓国国会に野党側が提出した弾劾決議案は、大統領の友人チェ・スンシルによる国政介入に関連した賄賂罪などのほか、2014年のセウォル号沈没事故の際に朴大統領の行方が一時分からなくなった「セウォル号7時間」問題での大統領職務放棄なども弾劾理由として挙げられた。

 弾劾決議は午後3時の趣旨説明から始まり、3時23分から国会議員299名が参加して投票が行われた。弾劾成立を大きく左右する要素として注目された朴大統領が所属する与党セヌリ党議員からも62名が賛成を投票したもようだ。

 弾劾決議が可決された後、午後5時から大統領府では朴槿惠大統領が事実上、最後の国務委員懇談会を開き、「弾劾裁判と特別検察捜査に粛々と対応していきたい」と明らかにした。これは自ら退陣することはない、という意思表明と受けとめられている。

 そして午後7時03分、大統領府総務秘書官が、国会議長による弾劾訴追議決書を国会事務局から渡され、この時点で朴槿惠大統領の大統領権限行使が停止された。事実上、国家元首としての地位を失ったことになる。韓国憲法による大統領の権限は、
国軍統帥権、条約締結批准権、赦免・減刑・復権権限、法律拒否権、国民投票付議権、憲法改正案発議・公布権、法律の改正公布権、予算案提出権、外交使節受付権、行政立法権、公務員任免権、憲法機関の任命権などである。これらの多くが、ファン・ギョアン首相に引き継がれることになる。

 とはいえ、朴大統領が大統領であることに変わりはないので、大統領府で生活を続け、警護も従来通り継続される。給料も同じように支給されるという。2004年に同じように弾劾されたノ・ムヒョン前大統領の場合、読書や記者団との山登りなどをして過ごした。またファン・ギョアン首相から代行された職務についての報告も受けることになりそうだ。

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部