「彼氏がほしい」「彼からもっと愛されたい」――それならば、モテる女子になればいいんです! 
なんて簡単に言ってしまうと、ブーイングがおきそうですが、モテるようになるのはそんなに難しいことではありません。実は、とっておきの秘訣があるんです。
モテるには、「女性性の波動」を意識していくことが大事。これは、容姿や性格など、あなたがどんな人かということに関係なく、その気になれば誰でもできることなのです。
そのために、まず試してほしいのが、「お願い上手」「おねだり上手」な女性になることです。



おねだり上手な女性はどうしてモテる?


出世欲が強かったり、自慢話が好きだったり、男性はもともと本能的に「人の役に立ちたい」「認められたい」という気持ちが強い生き物です。女性からお願いされれば、できるだけ叶えてあげたいと思うのが男心。さらに、自分がやってあげたことで女性に喜んでもらえたら、それが男性にとっての喜びとなります。
女性性の波動を出す、ということは、男性の男性性を尊重する、ということでもあります。
男性に好意を持ってもらいたいと思ったら、何でもいいのでちょっとしたお願いごとをしてみるのが効果的なのです。

おねだり上手なモテ女子になるコツは?


とにかく、相手の男性が問題なくできる簡単なお願いごとをしてみましょう。つき合っている彼氏やすでに仲よしの相手ならば、「ケーキが食べたいなー」「天気がいいからどこかお出かけしたいな」などとおねだりしてみてはどうでしょう? 友人だったら、何かを貸してもらったり、教えてもらったりしてみて。

ポイントは"指図"しないこと


そのとき、くれぐれも「指図」にならないように注意して!
「今日の帰り、駅の近くに新しくできたお店でモンブラン買ってきてくれない?」と具体的に指示してしまうと、相手は命令された、コントロールされたと感じてしまいます。あくまで「かわいくお願いして、どう叶えてくれるかは相手に任せる」姿勢が大切です。

おねだりとお礼はワンセットで! ただしやりすぎは厳禁


そして、このおねだり攻撃でもっとも大切なのが、願いを叶えてもらった後、きちんと気持ちを伝えること。
あなたのおねだり通り、ケーキを買ってきてくれた相手には、「ありがとう!」「うれしい!」ととびきりの笑顔を見せて感謝を伝えましょう。

感謝の気持ちを伝えるとき、やりすぎに注意して


ここでおねだり下手の人がやってしまいがちな失敗が、「お願いを聞いてもらったんだから」と、やってもらったこと以上のお礼をしてしまうこと。それだと、男性の「やってあげた感」が薄れてしまいます。
必要なのは、目一杯喜んで、感謝の気持ちを伝えることだけ。何かしてあげたいなら、自分のために動いてくれた彼にコーヒーを一杯入れてあげれば十分です。
それだけで男性は満足しますし、また、あなたのために何かしてあげたいと思うようになります。あなたは男性にとって、守るべき女性になれるのです。



彼氏に対してだけじゃなく、職場でもおねだり作戦は有効♡


職場の男性にときどき、「ちょっと手伝ってくれない?」「このやり方教えてください!」とお願いごとをしてみてください。
たいていの男性は喜んで力になってくれるでしょう。それに対して「すごく助かりました!」「さすがですね」と気持ちを伝えれば、相手も喜んでくれるはず。
職場の人間関係がよくなって、同僚や上司から、今以上に気にかけてもらえるようになれるでしょう。

まわりの男性に、かわいく、ちょっとしたお願いをしてみればきっとモテること間違いなし♡
ちょっとしたおねだりテクで彼の心をつかんじゃいましょう♡
(奥平亜美衣)