スパイダーマンとアイアンマンが夢の共演!
 - (C)Marvel Studios 2016. (C)2016 CTMG. All Rights Reserved.

写真拡大

 新たなスパイダーマンの活躍を描く映画『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年8月11日全国公開)の予告編が初公開された。最強のヒーローチーム「アベンジャーズ」の中心人物アイアンマンとの共闘シーンも収められた、ファン垂涎ものの映像に仕上がっている。

 本作は、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でアベンジャーズと共演を果たした、クモの能力を操る15歳の高校生ピーター・パーカー=スパイダーマンの青春と戦いの日々を描くアクション大作。新進気鋭の英国俳優トム・ホランドが新スパイダーマンに起用され、これが8作目のトニー・スターク/アイアンマン役となるロバート・ダウニー・Jrの出演も話題を呼んでいる。

 まさにファン待望の予告編では、若さあふれるスパイダーマンのフレッシュな魅力が満載。親子ほど年の離れたスタークの皮肉交じりのユーモアに翻弄(ほんろう)されるパーカーの姿が笑いを誘う。『シビル・ウォー』登場時、あまりの若さとちょっと生意気な発言でアベンジャーズたちを戸惑わせたピーターのチャーミングな魅力は健在だ。

 スパイダーウェブでムササビのような羽を作って滑空し、真っ二つに割れそうな船の崩壊をウェブで止めようとするなど、スパイダーマンならではのアクションも大迫力。最後にはアイアンマンとともにニューヨークの空を飛ぶ本格的な共闘シーンも登場し、ファンを裏切らない出来栄えを期待させる。

 またマイケル・キートン演じる悪役ヴァルチャーも登場。緑の目を不気味に光らせるヴァルチャーは、超高速飛行以外にどんなパワーを秘めているのか? 部活のノリで街を救う、まだまだ“ヒーロー気取り”といった様子のピーターは、「アベンジャーズに任せておけ」というトニーの忠告も聞かず「ガキ扱いは、ゴメンだ!」とばかりに強敵との戦いに挑むが……。アイアンマンはスパイダーマンに真のヒーローとしての“道”を示すことができるのか? 本作には、メイおばさん役のマリサ・トメイのほか、ゼンデイヤなど若手キャストも多数出演。監督は『COP CAR/コップ・カー』を手掛け、本作に大抜擢を受けた新鋭ジョン・ワッツ。まさに新人たちの手で生まれ変わったスパイディーの活躍を見る日が待ちきれない。(編集部・入倉功一)