台湾、1〜11月の税収7兆5000万円  過去最高を記録

写真拡大

(台北 9日 中央社)1〜11月の税収(速報値)は前年同期比4.6%増の2兆855億台湾元(約7兆5100万円)で、同期間としては過去最高を記録したことが9日、財政部(財政省)の発表で分かった。

主要税目別では、所得税(総合所得税、営利事業所得税)、営業税(消費税)、地価税、相続税および贈与税などが前年同期に比べ増加した一方、証券取引税や土地の所有権移転などに対して課される土地増値税は減少した。

11月単体の税収は、前年同月比9.4%増の2071億元(約7500億円)だった。

(邱柏勝/編集:杉野浩司)