宜蘭市公所提供

写真拡大

(宜蘭 9日 中央社)使用済みペットボトル500個と鋼の枠組みを使用して作った高さ約8メートルのクリスマスツリーがこのほど、東部・宜蘭市内の公園に登場した。今月25日までは夜間にライトアップを行い、年末を華やかに演出する。

エコなツリーが設置されているのは、台湾鉄路管理局(台鉄)宜蘭駅そばの童話公園。25日夜には同所でクリスマスコンサートが開かれる。

宜蘭市公所(役所)によれば、26日からはツリーの一部をリニューアルし、「幸せを願う木」として来年の旧正月まで展示されるという。

(沈如峰/編集:名切千絵)