2016年11月に開催されたロサンゼルスオートショーで、世界初公開された新型マツダCX-5。2017年2月の発売に先駆けて、全国6都市で実車(プロトタイプ)が一般公開され、直接触れるイベントが12月15日の東京・渋谷のヒカリエを皮切りに順次開催されます。

1

2012年2月に登場したCX-5はマツダの新世代技術群、スカイアクティブテクノロジーをフル搭載した第1号車です。スカイアクティブテクノロジーにより開発された、ボディ、エンジンそしてミッションを搭載したCX-5は、高い走行性能と燃費性能を両立し、マツダのグローバル販売の1/4を占める基幹車種となりました。

そのCX-5が2017年2月に初めてのフルモデルチェンジを行い、新型へと進化します。ボディサイズは初代に比べると、若干全高が低くなっているほかはほぼ同じサイズです。デザインでは、フロントからリアへと一気に突き抜ける動きでスピード感を表現し、映り込みの美しさにこだわったフォルム、彫りの深いディテールデザインにより、精悍なエクテリアを表現しています。

CX-5に採用された魂動デザインの造形美を際立たせるために、従来はソウルレッドプレミアムメタリックを採用していましたが、濁りのない深みと艶感を進化させ、ハイライトでも色飛せずに赤を表現する特別塗装色のソウルレッドクリスタルメタリックと金属の質感を再現したマシーングレープレミアムメタリックを設定しています。

インテリアでは、ドライバーが運転に集中でき、ダイナミックな広がりのある空間を実現するために、ドライバーを中心に操作機器や計器類を左右対称に配置。ハンドルのセンターから、インパネの加飾そして左右の空調ルーバーの高さを揃えるなど工夫されています。

搭載されるエンジンは初代と同様に2L、2.5Lガソリン。そして2.2Lディーゼルターボの3種類。ディーゼルターボにはすでに他車で搭載されている、DE精密過給制御をはじめ、ノック音を低減するナチュラル・サウンド・スムーザーなどを採用し、走りの滑らかさと静粛性を向上させている。そのほかのエンジンも改良が加えられ、優れた燃費性能と走行性能を実現させています。

そして、ドライバーのハンドル操作に応じて、駆動トルクを緻密に変化させることで、横方向と前後方向の加速度を総合的にコントロールする技術のGベクタリングコントロールを全車に標準装備し、走行中の不快なクルマの揺れを抑えて、一段と快適になっています。

新型CX-5に加えて、首都圏のJR東京駅八重洲口中央コンコースイベントスペースをはじめ、大阪、仙台、北海道、九州の5ヵ所では発売開始したばかりのロードスターRFも展示します。

ロードスターRFは2シーターオープンカーのマツダロードスターをベースにフロントルーフ、ミドルルーフそして、バックウィンドーが格納されるリトラクタブルハードトップを採用したモデルです。

スイッチ一つで約13秒という短時間でルーフの開閉が完了し、荷室はソフトトップと同様の127Lを確保するなど実用性も非常に高いのが特徴です。エンジンは2L直4DOHCを搭載し、ミッションは6速MTもしくは6速ATを選ぶことができます。

注目のマツダの新型車が一足早く見られるイベント。クリスマスそしてお正月の外出時に足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

(文:萩原文博/写真:ダン アオキ・CX-5、前田 惠介・ロードスターRF)

2017年2月発売予定の新型CX-5!ロードスターRF!に触れる先行展示イベント開催(http://clicccar.com/2016/12/09/424902/)