写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三菱総合研究所(MRI)は12月9日、MoffとウェアラブルIoTを活用したウェルネス新サービスの事業展開を目的とする業務・資本提携を締結した。

MRIは、健康増進サービスの推進や自立的な介護予防支援を目指す状況下において、健康増進や予防の効果を定量的に見える化することの重要性に注目しているという。そのため、既存の活動量計などでは把握できない複雑な身体機能を、いつでも、どこでも手軽に計測できるウェアラブルIoTはウェルネス社会実現への鍵になると認識している。

Moffは、自社開発のウェアラブル・センサ「Moff Band」や、音声や動画を身体動作と連動させることで運動を楽しいゲーム体験に変えるアクティブ・ゲーミフィケーション、複雑な身体機能の認識アルゴリズムの開発基盤などを統合し、一貫したサービスとして提供できる国内唯一のベンチャー企業。

今回、両社はMoffのウェアラブルIoTを活用し、ウェルネス分野における新サービスを共同で開発・展開することで合意した。具体的には、運動時に体に装着したMoff Bandからリアルタイムに身体機能データを取得することで、利用者本人が運動の結果を正しく確認し、身体機能の回復および介護予防の効果などが期待できるサービスだという。

両社は、協業関係を強固なものにするため、MRIからMoffへの出資についても合意。これにより、サービスの開発を加速させ、2017年4月には第1弾のサービス提供を目指す。また、長期的には、新サービスを通じて蓄積した身体機能データに基づく新たなサービスの開発や、分析基盤の構築にも取り組む予定だ。

今回の業務・資本提携は、MRIが2017年1月に発足を予定している豊かで持続可能な地球社会に向けて、革新的技術とイノベーションを活用することで山積する社会課題の解決策を共創することを目指す「未来共創イノベーションネットワーク」の構想の一環として実現。両社は、未来共創イノベーションネットワークとも連携しつつ、ウェアラブルIoTの可能性を切り拓いていくという。

(岩井 健太)